top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

野毛の老舗立ち飲み屋『石松』の「マグロブツ(400円)」が旨い理由

食楽web

食楽web

 多くの居酒屋がひしめき合う横浜・野毛エリア。JR桜木町駅と京浜急行日ノ出町駅の間になるこの地は、ちょい飲みの聖地といわれています。その野毛エリアの玄関飲み口とも言える複合施設ぴおシティに、呑兵衛には欠かせない老舗立ち飲み居酒屋『石松』があるのをご存知でしょうか?

立ち寄りやすいカウンターと店内席もあり。全て立ち飲み

「ぴおシティ」がまだ、「桜木町ゴールデンセンター」と呼ばれていた頃に開業したこのお店。今でこそ人気の立ち飲み屋として知られていますが、もともとはフルーツ屋だったというので驚きです。早い時間から開いているので、平日のお昼過ぎでもカウンターは常連客などでぎっしり。新鮮な海鮮、煮込みなど、魅力的なメニューが並びます。

 桜木町駅から直結の「野毛ちかみち」を通れば、雨に濡れずにふらりと立ち寄れる『石松』の魅力とは? 多彩なメニューからその一部をご紹介しましょう。

ここに来たら注文したい!絶品「マグロのぶつ」

『石松』に一歩足を踏み入れると、横浜の歴史と時代を感じます。メニュー表を見ると、多彩な料理がずらり! 昔からあまり変わっていないという良心的な価格で思わず色々と頼みたくなります。お会計はキャッシュオンの明朗会系なのもいいですね。

 ここの名物はなんといっても「マグロぶつ」。ひとつひとつが分厚く、食べ応え抜群!身がプリッと引き締まっていて、旨味が凝縮しています。

「上まぐろブツ」400円

広告の後にも続きます

 魚好きの常連さんも多く、新鮮なマグロは、横浜の市場から仕入れているそう。この厚さで400円というから驚きです。

 まぐろのブツは筋っぽさはなく、ブリッとした食感とコク、ほんのり甘みを感じる味わいのバランスが絶妙!色艶があり、さりげなくお酒を引き立てる色気のある一品です。

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル