【インタビュー】『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ「したこともないし、これからもしないだろう、共感しない恋」
【インタビュー】『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ「したこともないし、これからもしないだろう、共感しない恋」
出てくるのはゲスばっかり!?“共感度ゼロの最低な女と男たち”が繰り広げる沼田まほかる氏の人気ミステリー小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が映画化され、10月28日(土)から公開される。蒼井優演じ…

 出てくるのはゲスばっかり!? “共感度ゼロの最低な女と男たち”が繰り広げる沼田まほかる氏の人気ミステリー小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が映画化され、10月28日(土)から公開される。蒼井優演じる十和子は、同居する陣治の稼ぎを当てにして自堕落な生活を送り、不倫に走る嫌な女…。そんな十和子に疎まれ、罵声を浴びせられながらも付きまとう下劣な男・陣治を演じているのが阿部サダヲだ。一見、共感し難いキャラクターを魅力的に演じた阿部に、役づくりの苦労や工夫などを中心に聞いた。


-初出演の白石和彌監督作品。監督の印象や、現場の雰囲気はいかがでしたか。

 映画『凶悪』(13)や『日本で一番悪い奴ら』(16)を見て、「怖い人」「悪い人」というようなイメージがありましたが(笑)、全然違いました。かわいらしい方で。監督のお芝居の作り方は、僕にはすごく合っていました。監督の頭の中にイメージが全てあり、動き方や演じ方を全部説明してくださる。それに対して蒼井(優)さんも反応がいい方なので、現場が止まるということがありませんでした。


-原作の舞台は大阪。関西弁で演じるご苦労はありましたか。

 相当苦労しました。方言指導の方にせりふを録音してもらったものを毎日聞いて、そして寝る、という感じでした。それをずっと聞いていないと不安でしょうがなかったんです。ロケもずっと関西だったので、なるべく日常会話も聞こうと思って居酒屋に行ったり、関西弁の友達としゃべったり。そうやっていても、やはり演じていて感情が入ってくると、イントネーションが変わってくるらしいんです。「このイントネーション違う」って感じた時に芝居が止まっちゃったりするのがいやなので、難しかったです。


-蒼井さんとの絡みが印象的でしたが、ベッドシーンは難しかったですか。

 恥ずかしがらないことですよね、きっと。僕はあんまりそういうのに慣れていないですけど、蒼井さんはすごく堂々としている人だから、やりやすかったですね。

(更新日:2017年10月27日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME