top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

名作で観る世界の美術館 (1) アートが見つめる秘密と青春【映画で仮想旅行】

goo映画

執筆:Avanti Plus

考えることを止め、感じるのがアート。そして、感じたものを考え続けることが、人が生きるということ……。などと考える今日このごろ、アートが詰め込まれた「美術館」には、この答えを導き出すための要素や人間の生と歴史、そして思惑が交差しているように感じます。

美術館がさまざまな映画監督を魅了するのもむべなるかな。今回は映画を通じて、世界の有名美術館を見てみましょう。

メトロポリタン美術館+『オーシャンズ8』

犯罪のプロである7人の女性が、ファッションの祭典「コスチュームインスティテュートガラ」(メットガラ)での宝石強奪を計画する『オーシャンズ8』(2018)。サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーターらが主演し、『ハンガー・ゲーム』(2012)のゲーリー・ロスがメガホンを取りました。

7人の主戦場はニューヨークの“メット”こと「メトロポリタン美術館」。狙うは、ハリウッド女優のダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身につける1億5000万ドルの宝石です。

広告の後にも続きます

メットガラとは、メトロポリタン美術館の衣装研究所(コスチュームインスティテュート)が毎年開催する特別展のオープニング・イベント。同館の中でなかなか評価を得られなかった衣装研究所部門が、資金調達を兼ねて1995年に始めました。主催はアメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターが務めており、現在はアメリカで最も大きなファッションの祭典です。

衣装研究所部門の特別展とメットガラについては、ドキュメンタリー『メットガラ ドレスをまとった美術館』(2016)に詳しく描かれています。

私立美術館にしてアメリカ最大のメトロポリタン美術館。1870年に開館し、バロック様式のエントランスを含む中央部は、リチャード・モリス・ハントの設計で1902年に竣工されました。アメリカン・ウイングなどは1980年までに異なる建築家で増築されたものです。

『オーシャンズ8』では、実際のメトロポリタン美術館で2週間ものロケーション撮影が行われました。世界中の重要な芸術作品が展示されたままの美術館で、閉館後の夕方から朝まで行われた撮影は、それは緊張感溢れたものだったそうです。

メトロポリタン美術館のエントランス。建物裏手にはセントラルパークが(rmbarricarte/stock.adobe.com)

それでも肝の据わったキャストたちは、待機時間にそれら美術品をしっかり堪能したとのこと。宝石を盗み出す鮮やかさに、ゴージャスさが加わっているのは、本物が持つ輝きのおかげともいえそうですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル