top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

滝沢カレン、外出自粛中は「料理とトランポリンの日々」

SmartFLASH

 

 滝沢カレンが、7月11日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、コロナ禍での外出自粛中の過ごし方などを語った。

 

 ステイホーム中について「ほとんどトランポリンの日々でした」と告白。「運動ができないのが一番つらいので、小さい家用のトランポリンを買って跳んで、おなかがすいたら台所に行けばいいので」と明かす。

 

 

 自粛明けの「リベンジ消費」については「買い方を考え直すようになりました。見せられない春服よりはご飯をおいしく見られた方がいいな」と、食器や掃除道具などを爆買いしたという。

 

 得意な料理を、彼女ならではの個性的な言葉でつづった著書『カレンの台所』は15万部を突破。唐揚げについては「くつろぐ鶏肉に醤油と酒を全員に気づかれるくらいの量を、にんにくと生姜はアクセサリーを付けるくらいの気持ちで。鶏肉を一旦取り出し懲りずにもう一回油に沈めましょう」などと独特な表現をしているという。

 

 滝沢は既存のレシピに沿って料理することに「誰かの書いたレシピの味にしか私はできないんだ」と不満があったという。自分のレシピ本を出して「今まで誰かの絵をそのまま描いてる感じだったけど、自分の好きな絵を描けるようになった」と語っていた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル