top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

中居正広、最近メガネの理由は「リモート相手の表情が見えない」

SmartFLASH

 

 中居正広が、7月11日放送の『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で、テレビ出演時にメガネをかけ始めた理由を語った。

 

 中居は「最近、メガネをテレビでし始めてるんですよ」と告白。その理由はコロナ禍のテレビ業界の変化にあるという。

 

広告の後にも続きます

 

 中居自身はスタジオにいるが、リモート先の共演者の表情が見えない。中居は「リモートのモニターが遠かったりして、まったく顔の表情とかわかんなくて、これはマズイなって」と明かした。

 

 スタジオでも「人と人とのソーシャルな距離もあったりするので。これだと顔の表情がアレだな」と語った。

 

 メガネをかけると「すごいクリアですね」とよく見えるが、「すごくいいんだけど、お客さん入ったらどうしようかな」と新たな悩みも。

 

「昔、かけたことあったんだけど、お客さんの表情がすごく見えて。ドキドキしちゃう。すげえ見てんね、この人たち、みたいな(笑)。こんなに俺のこと見てんだ! って」

 

 ファンを観客としてスタジオに呼んだ場合の反応を気にする一方、こんな心配も。

 

「目の前に台本があると、メガネをしてると台本が見えない。メガネをかけると遠くがすごくクリアになるけども、近い物が見えなくなってしまう」

 

 そのため、台本をよく見る『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)はメガネなしで出演。

 

 ゲストの多い『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)ではメガネをして出演するようだ。

 

 番組を盛り上げるため、中居は自分なりの「新しい生活様式」を決めたのだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル