top_line

戸山香澄の歌唱楽曲で一番好きな曲は?「夢を撃ち抜く瞬間に!」ほか多彩な曲に思い出コメント続々♪「歌詞も泣けた」【#戸山香澄生誕祭】

アニメ!アニメ!

戸山香澄の歌唱楽曲で一番好きな曲は?「夢を撃ち抜く瞬間に!」ほか多彩な曲に思い出コメント続々♪「歌詞も泣けた」【#戸山香澄生誕祭】

7月14日はアニメ『BanG Dream!』のメインキャラクター・戸山香澄の誕生日です。

メディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』は2017年にTVアニメの放送がスタート。2020年現在、TVアニメは3シリーズを数え、2019年には劇場版も公開されました。
戸山香澄はガールズバンド「Poppin'Party」のリーダー。担当はギターボーカルで作詞も務めています。これまでアニメをはじめ、さまざまなメディアで歌声を披露してきた彼女ですが、その中でも最もファンの印象に残っている楽曲は一体何なのでしょうか?



そこでアニメ!アニメ!では「戸山香澄の歌唱楽曲で一番好きな曲は?」と題した読者アンケートを実施しました。6月30日から7月7日までのアンケート期間中に45人から回答を得ました。
男女比は男性約60パーセント、女性約40パーセントと男性が少し多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■主題歌・挿入歌が人気!
今回のアンケートではアニメで演奏されたことのある楽曲が多く選ばれています。「夢を撃ち抜く瞬間に!」は第3期のエンディングテーマです。
とくに13話ではPoppin'Party×Roselia×RAISE A SUILENの3バンド合同バージョンが披露されて話題になりました。読者からは「3バンドでの演奏の中でも、香澄のメインヴォーカルがやっぱり曲を引き立てていて、ポピパらしさを感じられたから」や「複数のバンドが最後に仲良く一緒に演奏したことが良かった」というコメントが届きました。


「Returns」は第2期や劇場版『BanG Dream! FILM LIVE』の挿入歌に用いられた楽曲です。「ポップな曲調が多いポピパ。だけどこの曲は香澄とたえの絆がゆっくりと表現されているから」と、Poppin'Partyのリードギター・花園たえにとって大切な曲であることから人気を博しています。



「二重の虹(ダブル レインボウ)」も『BanG Dream! FILM LIVE』の挿入歌ですが、こちらは「イベントストーリーが感動する。Poppin'Partyの絆がより一層深まったエピソードで歌詞も泣けた」とゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』内のストーリーで感動したという声がありました。


自分にとって思い出深い曲に投票した読者も多く、第1期挿入歌の「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」には「私が『バンドリ』で初めて好きになった曲なので大好きです!」。
7thシングルのカップリング曲「夏のドーン!」には「初めて聴いた香澄の曲で、とてもウキウキな気分になったことをよく覚えている」、第3期挿入歌の「Step×Step!」には「私も聞いてて、勇気を出そうと思える曲だから」といったコメントが寄せられています。


ドラマチックなストーリーを盛り上げた楽曲から、個人的に大切な楽曲まで、さまざまな曲の魅力を再確認できる結果でした。

■投票があった楽曲
[投票があった楽曲]
「キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~」
「最高(さあ行こう)! 」
「切ないSandglass」
「二重の虹(ダブル レインボウ)」
「ティアドロップス」
「夏のドーン!」
「ぽっぴん'しゃっふる」
「夢を撃ち抜く瞬間に!」
「私の心はチョココロネ」
「CiRCLING」
「Light Delight」
「Returns」
「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」
「Step×Step!」
「Time Lapse」
「UNION」
「What's the POPIPA!?」
「Yes! BanG Dream!」

(回答期間:2020年6月30日~7月7日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクター・楽曲への関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品・楽曲についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル