top_line

浅利陽介、石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第3話にゲスト出演!「共演楽しみにしていた」

テレビドガッチ


浅利陽介が、石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第3話(7月30日放送)にゲスト出演することがわかった。浅利は、生徒思いで心優しい小学校教師を演じる。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。石原のほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂、真矢ミキ、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭らが出演する。

浅利が演じるのは、生徒思いで心優しい、萬津小学校の先生・新田奏佑。慢性糸球体腎炎の持病がある新田は、校庭を走っている途中に倒れ、萬津総合病院の救急に搬送される。病院で意識を取り戻した新田は、処置中にもかかわらず、慌てた様子で帰ろうとする。倒れた原因も判明しないまま帰すわけにはいかないと、みどりが新田に入院するよう伝え、取り乱す新田をなんとか説得。

みどりが新田に現在服用している薬について聞くと、大量の薬を服用していたことが判明する。さらに新田に薬を渡している薬局「ナカノドラッグ」が、食前に服用する薬を食後のものとまとめていたり、本来やってはいけないような服薬をさせていることが判明。みどりはその仕事の粗末さに怒り、ナカノドラッグに電話で問い合わせると、無気力そうな男性に適当にあしらわれ、電話を切られてしまう。

主演の石原との共演は、『リッチマン、プアウーマン』(2012年・7月期)以来、約8年ぶり。医療ドラマ出演は『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ(2008年~2018年)以来2年ぶりで、その時に共演した成田とも本作で再演する。成田演じる、何者なのか明かされていない謎の男・小野塚綾との絡みにも期待したい。

<浅利陽介 コメント>
――台本を読んだ感想をお願いします。

1日3回飲む薬を“寝坊したから今日は2回でいいや”って言うのは止めようと思いました。“お薬”は医療と患者を結ぶものなのだと、再確認しました。

――演じる役柄について。

新田奏佑の“転機”を全力で演じさせていただきました。

――およそ8年ぶりの石原さとみさんとの共演はいかがでしたか?

さとみちゃんと一緒に仕事が出来るのを楽しみにしていました! とっても居心地が良かったです。僕が自分のせりふを間違っても止めずに強引に(撮影を)進めたことがあるのですが、そこにもしっかり付き合ってくれて感謝です!!

――『コード・ブルー』以来の医療ドラマ出演となりますが。

ストレッチャーに乗せられて“1、2、3”の掛け声を聞いたとき、“新鮮だなぁ~”と思いました。今回は患者なのでね……(笑)。撮影現場には『コード・ブルー』のスタッフさん達もいたので、とても楽しいひと時を過ごせました

――楽しみにされている視聴者の方へのメッセージをお願いします。

病気やけがは体だけでなく、気も病ませてしまいます。そういう経験は僕にもありますが、その時出会った人、時間は思い出として僕の生きる力になっています。新田先生にこの思いを吹き込みましたので、ご覧いただければ幸いです。


葵みどり(石原)は萬津総合病院薬剤部で働くキャリア8年目の病院薬剤師。同じ薬剤部の刈谷奈緒子(桜井)の指示のもと、羽倉龍之介(井之脇)や工藤虹子(金澤)ら病院薬剤師たちが、山のように舞い込んだ処方箋を一つひとつ確認し、調剤、監査といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。

ある日、そんな薬剤部に新人の相原くるみ(西野)がやってくる。人手不足に頭を抱える薬剤部にとっては明るいニュースだが、「向いてなかったら辞めようと思ってます」ときっぱり言い切るくるみ。薬剤部部長の販田聡子(真矢)がくるみを連れて院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれてくる。そこでくるみは、医師や看護師と連携して緊急処置に当たる病院薬剤師・瀬野章吾(田中)とみどりの姿を目の当たりにする。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル