top_line

今田美桜『親バカ青春白書』見どころポイントは“若者言葉”「普段使わないような言葉が登場する」

テレビドガッチ


ムロツヨシと永野芽郁が親子役で出演する、8月スタートの日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)、メインキャスト・インタビュー企画第4回は、さくら(永野)の同級生・山本寛子役の今田美桜。現場の雰囲気や福田雄一監督とのやり取りについてコメントが届いた。

本作は、原作なしのオリジナルドラマで、『今日から俺は‼』などでおなじみの笑いのヒットメーカー・福田が脚本統括・演出を務める。同級生となった、たった二人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。核家族の時代からこそ、父であり、母であり、祖父母でもあり、ともだちであり、同級生でもある父と娘の、とっても微笑ましい「家族の愛」を描く。ムロ、永野、今田のほか、中川大志、戸塚純貴、小野花梨、新垣結衣の出演が決まっている。

――撮影現場の雰囲気を教えてください。

なかなか大変な状況ではありますが、ムロさんをはじめ、皆さんと楽しく撮影させていただいています。和気あいあいとしていますね。私は大学に通っていなかったので、大学の雰囲気も楽しみの一つだったんですが、学食のセットや、せりふが「学園祭」の話題だったりするのがすごく大学生活っぽくて、楽しいです。

――ムロさんとは初共演とうかがいました。お会いしてどんな印象ですか?

勝手に楽しい方なのかなと思っていたのですが、やっぱり楽しい方で(笑)。いろんな話もしてくださいますし、すごくリラックスさせてくださいます。

――寛子を演じるにあたって、福田監督とどんなお話をされましたか?

みなさんとの掛け合いのシーンで、後ろでムロさんが何かしていても「寛子は振り向かない方がいいんじゃないか」など、細かい動きのアドバイスをいただきました。寛子は、大学生活をとにかく楽しむっていうことをすごく考えている女の子。

その中で変わった親子が(笑)お友達になって、その親子に振り回されるといいますか。純粋なさくらとすごく親バカなガタロー(ムロ)に突っ込みながら、それをすごく楽しんでいますね。さくらよりは強気な面もあると思いますし、「(恋愛の)勘が鋭いよ」と言うセリフもあるんですが人を良く見てる子だなぁと思います。

――たくさんあると思いますが、見どころをひとつ、お願いします。

6人の掛け合いが本当に楽しいです。でもどのシーンも、みんなの個性がすごく詰まっていて見どころ満載ですし、どのように編集されるのかを私もすごく楽しみにしています。チームワークも抜群だと思います。あと、若者言葉も見どころです! 私も普段なかなか使わないような言葉も登場しますので、そこも注目していただきたいです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル