top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

活動10年超!ベテランアイドルとしての威厳…東方神起&SUPER JUNIOR

韓流大好き

東方神起



メンバー2人が兵役を終えた今年、東方神起のカムバックに、韓国はもちろん全世界のファンが歓喜した。“東方の神が起きる”との意味のチーム名を持つ東方神起は、2003年に5人組としてデビューし、多数のヒット曲を発表。その後、2009年にチーム活動中断の危機に陥ったが、それを乗り越え2人組での再編を選択、転換点を迎えた。

メンバー編成を経てもなお、その人気は衰えることを知らず、二人は演技・バラエティ等さらに活動の場を広げていった。2015年には、7月にユンホ、11月にチャンミンが兵役のため入隊。2年間の空白期を経て今年除隊を迎えた二人は、8月に完全復活を告げるアジアプレスツアーを通して活動を再開した。

今年でデビュー14周年を迎えた東方神起は、また新たな出発点に立っている。これからは、後輩たちの目標となる30代のベテランアイドルとしての地位に立つ。最近、東方神起はそれぞれのソロトラックを発表し、韓国でのカムバックライブを終え、11月には日本で5都市を回るドームツアーを通してファンの前に立つ予定だ。

SUPER JUNIOR



もう一つのロングランアイドルと言えばSUPER JUNIOR(スーパージュニア)だ。SUPER JUNIORは現在、およそ2年の長かった空白期間に終わりを見せようとしている。

入隊中のメンバー キュヒョンとリョウクが、共に2018年と2019年に除隊をすれば、現在11人で構成されているSUPER JUNIORの兵役は全て終わることになる。現役アイドルグループが、兵役免除なしに全員軍生活に邁進しながらもチームを維持することは、決して簡単なことではない。

SUPER JUNIORは、グループとしての活動がない代わりに、個人活動で活躍を見せてきた。

2005年にデビューし、今年でデビュー12周年を迎えたSUPER JUNIORは、11月初旬にニューアルバムを準備している。すでに動画サイトなどを通じてカムバックを予告し、ファンの期待を煽っている。

SUPER JUNIORのアルバム発売は、2015年9月のデビュー10周年アルバム『MAGIC』以降、約2年ぶりだ。それだけに彼らの久しぶりの新曲には多くの関心が集まっている。音楽活動以外にも、“バラエティアイドル”と呼ばれるほどテレビ番組での活躍が光るSUPER JUNIORだけの長所を活かした活動に、今後も多くの注目が集まると予想させる。

(c)STARNEWS

TOPICS

ランキング

ジャンル