top_line

イ・ヒョリ、番組で“カラオケ店ライブ放送騒動”について涙の謝罪「浮かれていた」

ワウコリア


新型コロナウイルス感染症が収まらない時期、カラオケ店に行き、物議をかもした歌手イ・ヒョリが涙を流しながら謝罪した。

イ・ヒョリは11日午後に放送されたMBC「遊ぶなら何する?」でデビューを控え、ユ・ジェソク、Rain(ピ)と共に、Rainのオフィスに集まり、話を交わしていたところ、騒動に対して涙を流す姿を見せた。

この日、ユ・ジェソクはイ・ヒョリに「デビュー前に気をつけなければならないと思う」と最近SNSで騒動になったカラオケ店訪問事件に触れた。これに対し、イ・ヒョリは「間違っていた」とし、「もうリンダGはしない」と言って涙を見せた。続けて、「私、降板しようかな」とし、「チームにこのように迷惑をかけてもいいのか」と打ち明けた。そうして、「最近すごく浮かれていたんだと思う」と申し訳ない気持ちを重ねて表した。

Rainは「お姉さんはとても強い人なのに、とても落ち込んでいた」とし、「僕も思わず横で手を握ってあげた」と伝え、ユ・ジェソクは「リンダも人だ」と慰めた。

これに対し、ネットユーザーらも、イ・ヒョリの心からの涙に慰労と応援のメッセージを伝えている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル