top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

玉木宏 40歳で主演20本超え!同世代と比べて群を抜く理由

女性自身

俳優の玉木宏(40)が、10月スタートの新ドラマ『極主夫道』(日本テレビ系)で主演に起用された。玉木が演じるのは、かつて「不死身の龍(たつ)」と呼ばれた伝説のヤクザ。極道から足を洗ってからは、結婚して専業主夫を全うするというコメディドラマだ。

 

玉木は7月28日にスタートする『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ/フジテレビ系)でも、高橋一生(39)とW主演で双子の兄を演じる。こちらは養父母を死に追いやった運送会社社長に対して、兄弟が復讐を図るサスペンスドラマとなっている。

 

同作は4月放送予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。今年でデビュー22年目となる玉木にとって、40代に入って初めての主演作。玉木の主演ドラマは、単発も含めて20作品を超えることになった。

広告の後にも続きます

 

04年に『恋愛小説』(WOWOW)で初主演に抜擢された玉木。06年には、『氷壁』(NHK総合)で連続ドラマの初主演を果たした。同年に『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)で上野樹里(34)とW主演を務め、王子キャラで一気にブレーク。以下はこれまでの主演作だ。

 

08年『鹿男あをによし』(フジテレビ系)
09年『ラブシャッフル』(TBS系)
10年『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル~人気作家競演編』(フジテレビ系)
11年『砂の器』(テレビ朝日系)
12年『宮部みゆき4週連続“極上“ミステリー 最終夜レベル7』(TBS系)、『家族、貸します ~ファミリー・コンプレックス~』(日本テレビ系)
13年『事件救命医~IMATの奇跡~』(テレビ朝日系)
14年『桜ほうさら』(NHK)、『事件救命医2 ~IMATの奇跡~』(テレビ朝日系)
15年『残念な夫。』(フジテレビ系)、『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル 傘を折る女~』(フジテレビ系)
16年『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』(テレビ東京系)、『キャリア~掟破りの警察署長~』(フジテレビ系)
17年『鬼畜』(テレビ朝日系)
19年『連続ドラマW 盗まれた顔~ミアタリ捜査班~』(WOWOW)、『盤上のアルファ~約束の将棋~』(NHK BSプレミアム)、『スパイラル~町工場の奇跡~』(テレビ東京系)

 

玉木のデビューは98年。玉木と同い年で、同時期にデビューした俳優と比較しても群を抜いた主演数といえるだろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル