top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今市隆二、JAY’ED、ベッキーが“恋に落ちたときのパフォーマンスの変化”を語る 『LOVE or NOT♪』第6回が配信スタート

SPICE

今市隆二(三代目J Soul Brothers)がメインMCをつとめる音楽番組『MUSIC PROGRAM「LOVE or NOT♪」』(ラブオアノットミュージック)の第6回が10月20日(金)1時からdTVとFODで同時配信をスタートした。

『LOVE or NOT♪』は、dTVがフジテレビと共同製作する初のオリジナル音楽番組。 今市隆二が自身初となるMC、ベッキーがもう一人のMCを担当し、 毎回話題のアーティストをゲストに迎えて音楽への熱い想いからプライベートまで語りつくすトークを展開する。また、ゲストによるライブも見どころのひとつ。ライブパフォーマンスは、360度パノラマの臨場感溢れる映像で楽しめるVRでも収録しており、dTV VRで独占配信されている。


(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン



第6回のゲストは、第5回に引き続いてJAY’ED。JAY’EDを歌を志した頃から尊敬していたという今市とともに、音楽はもちろん、プライベートや恋愛観についても語っている。

今回は、JAY’EDの曲づくりからトークがスタート。「楽器とかも全然やらない」というJAY’EDは、トラックメイカーとともにメロディを固めてから歌詞を書くという。また、同じハーフであるベッキーは、「日本語と英語、どちらの方が出やすいんですか?」と質問。

JAY’EDが「メロディー作るときは、英語のような……英語ではないんですけどね、宇宙語みたいな」「それを入れてから、基本的には日本語で書く」と明かす。さらにベッキーが「そもそも、日本語と英語どちらも完璧に話せるんですか?」と質問すると、JAY’EDは「どっちも中途半端かもしれない……」と自信なさげ。しかし、実際には政治について英語で語ることができることがわかると、ベッキーは「全然ネイティブだ!」と声をあげていた。


広告の後にも続きます

(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル