top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

売上部数に驚く歴代美女写真集、1位は155万部を突破したあの女優

JOOKEY

今の姿からは想像しづらいですが、実はかつて写真集を発売してかなりの売上げをあげた女性芸能人がいます。今回は、そんな写真集の売上部数に驚く女性芸能人について調べてみました。

 

■質問内容

売上部数に驚く歴代美女写真集はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:宮沢りえ『SantaFe』155万部 27.0%
2位:菅野美穂『NUDITY』80万部 15.0%
3位:白石麻衣『パスポート』34万部 14.0%
4位:石原真理子『Marie!』35万部 12.0%
5位:樋口可南子『Waterfruits』55万部 11.0%
5位:高岡早紀『One.two.three』55万部 11.0%
7位:広末涼子『H+R』48万部 9.0%
7位:生田絵梨花『インターミッション』28.5万部 9.0%
9位:葉月里緒菜『RIONA』40万部 8.0%
10位:南野陽子『陽子をひとりじめ』43万部 7.0%
10位:齋藤飛鳥『潮騒』18.9万部 7.0%
10位:西野七瀬『風を着替えて』18.3万部 7.0%

●1位:売り上げは驚異の150万部超え

1位に選ばれたのは、1991年に発売された女優の宮沢りえさんの『SantaFe』でした。これは宮沢さんが18歳のときに撮影されたいわゆるヘアヌード写真集で、タイトルのサンタフェは、撮影地だったアメリカの都市名から付けられました。当時の宮沢さんはふんどしを着用したカレンダーなど、大胆で奇抜なスタイルが話題になっていたこともあり、この写真集も売り切れが続出するなど、当時はかなりの人気になりました。

 

●2位:やりたくないことをやる

2位になったのは、女優の菅野美穂さんが1997年に発売した『NUDITY』でした。タイトルが示す通り、こちらもヘアヌード写真集です。当時、菅野さんは女優としての限界を感じていた時期だったそうで、「これまでやりたいことをやってきたので、今度はやりたくないことをやってみようと思った」と語っています。清純派で可愛いイメージが強かった菅野さんの大胆な写真集発売は、当時としては衝撃的で思わず手に取った人も多かったようです。

 

●3位:乃木坂46卒業を記念した写真集

3位には、白石麻衣さんが2017年に発売した『パスポート』がランクインしました。これは白石さんが乃木坂46を卒業した記念に作られたもので、当時、アイドルの写真集としては今世紀ナンバー1の売り上げとなりました。撮影は、サンディエゴとロスで行われており、海外でのリラックスした姿やセクシーショットも多く、初めてランジェリー姿を披露しています。

 

■ヌード写真集の概念を変えた

かつては起死回生などの道具とされてきましたが、1990年代になると超売れっ子の芸能人もイメージ改革の道具として、ヌードに挑戦する人が増えました。その中でも宮沢りえさんの『SantaFe』はまだ20歳という若さだったこともあり、男性のためのヌード写真集から女性も楽しむものへと概念を変えてしまうほど、衝撃的なものでした。

 

2019年12月 調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル