top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本古来の製法で作られた「酢・みりん」でごはんの味を格上げ

女性自身

日本古来の製法で作られた「酢・みりん」でごはんの味を格上げ

ていねいな暮らしが見直されている今、日本古来の方法でていねいにつくられた「基本の調味料」を取り入れてみませんか? 大量生産とは違う個性で、いつものおうちごはんがぐっと豊かに格上げされますーー。

 

■岐阜県・内堀醸造の「臨醐山黒酢」

 

創業から140年たった今もなお、「本物の酢づくりとは何か」を追求し、新しい商品開発と品質向上を目指しているという内堀醸造。有機米を使った純米酢、黒酢、調味酢、飲用酢など、さまざまな商品を発売している。

広告の後にも続きます

 

広報の渡邉さんによると、最初の工程となるのが酒づくりで、もっとも大切にしていることだという。

 

「酢という文字は、酒(酉)から作る(乍)と書き、酒(酢もろみ)を原料とします。酢にしておいしいお酒は飲んでおいしいお酒とは違うため、その品質を極めるところから酢づくりは始まります」

 

その後、酢酸発酵と熟成を経て完成するが、その過程で重要となるのが、きれいな水や空気、微生物といった豊かな自然環境だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル