top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、かつて一向一揆に加担して主君・家康に背いた本多正信だった…。多彩な徳川家臣団の中でも特に異彩を放つ男を演じる六角精児が、役に込めた思いを語った。


-「武蔵 MUSASHI」(03)に続いて二度目の大河ドラマ出演となりますが、感想はいかがでしょう。

 二度目と言っても、前回は町侍みたいな役で一瞬出ただけなので、あまり覚えていないんです。だから、これが初めての大河ドラマだと思っています。今回改めて感じたのは、スタッフの動きが迅速で物語もしっかり作ってあるので、役者にとってはありがたいということですね。とはいえ、他の作品も大河ドラマも仕事という意味では違いはないので、同じように精一杯取り組ませていただくという気持ちでやっています。


-本多正信という人物を、どのように捉えていますか。

 一般的な武将のイメージとは少しかけ離れているような気がします。戦国武将には、“剛”とか“武”とか強いイメージがありますが、それとは違って、力を使わずに“柔”を持って物事を解決する。そんな人間だったのではないでしょうか。


-正信は草履番として万千代、万福の下で働くことになりました。3人の掛け合いがユニークですが、菅田将暉さん、井之脇海さんと共演した感想は?

 楽しかったです。親子ほども年が離れているんですけど、まったく垣根が無くて同級生みたいでした(笑)。2人とも若いけど、たくさん経験も積んでいるし、何よりも集中力がすごい。僕の方が引っ張られながらやっていたような感じです。正信のだらしなさに万千代がイライラする様子も、僕自身が駄目だと思われているような気がして、一種のマゾ的な心地よさがありました(笑)。


-草履番はスポットが当たることの少ない役割ですが、演じてみた感想は?

TOPICS

ランキング

ジャンル