top_line

フィッツロイ島の落とし穴【オーストラリア】

ワウネタ海外生活


多様なマリンアクティビティの楽しめるリゾート地フィッツロイ島ですが、思わぬ短所もあります。

最大の難点となるのが、通信環境です。

フィッツロイ島全体が電波が繋がりにくく、ポータブルWifiでさえ繋がりません。
インターネットに接続する唯一の手段はホテルの有料Wifiです。
その有料Wifiですら厳しい使用制限が設けられています。

$10(約700円)で3つのIDのWifiがレンタルできますが、1つのIDにつき使用上限0.5MG且つ1つのデバイスでのみ使用可能です。
つまり、1つのIDを複数人のスマートフォンでシェアすることができません。
更にホテルのフロントのみ接続可のため、部屋のインターネットの使用手段は皆無です。

1日何時間もスマホを見る習慣がある人にとって、丸1日インターネットを使用できない状況は想像以上に過酷なものでしょう。たまにはネットから離れて自然を満喫しようと前向きに考えられる方は問題なさそうですが、SNSが手放せない方は日帰りコースをおすすめします。

また、ホテルのアメニティも充実しているとは言い難く、準備されているのはシャンプー一式やタオル、ドライヤーのみと最低限のものだけです。歯磨きセットやバスローブも置いてありませんが、島内には夕方閉店の小さな売店が1軒あるのみなので、通常のホテルの感覚で手ぶらで行くと痛い目を見ます。

閑静なリゾートが好きな方におすすめのフィッツロイ島ですが、都会の喧騒から離れた地がゆえの不便さも持ち合わせています。訪れる際には上記の点に気を付けてください。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル