ただ安くておしゃれなだけじゃなかった!「ホステル」最前線に迫る!【東京・大阪・福岡】
ただ安くておしゃれなだけじゃなかった!「ホステル」最前線に迫る!【東京・大阪・福岡】
都市部を中心に急増している「ホステル」。そこは、異国と地元の文化が交錯するフシギな空間…。斬新なコンセプト、おしゃれなデザイン、ホテル・旅行業以外の異業種からの参入などなど話題が満載。感度の高いおしゃれな人たちが集まる、最新「ホステル」の今をご紹介します。

都市部を中心に急増している「ホステル」。そこは、異国と地元の文化が交錯するフシギな空間…。斬新なコンセプト、おしゃれなデザイン、ホテル・旅行業以外の異業種からの参入などなど話題が満載。感度の高いおしゃれな人たちが集まる、最新「ホステル」の今をご紹介します。

今、注目の集まる「ホステル」

外国人観光客の増加に伴い、「ホステル」が続々とオープンしていることをご存知ですか?
ではまず、この「ホステル」とはいったい何なのか…?

実は、明確な定義はありません。
従来の「ホテル」「旅館」などとの違いを挙げるとすれば、

・「ドミトリー」と呼ばれる相部屋がある
・外国人ゲストが多い(スタッフが外国語対応できる)
・ラウンジのような共有スペースがあり、他の旅行者と交流しやすい
・共有スペースにキッチンもあり、自炊できる

などがあります。

また、アメニティなどを省いた素泊まりの宿「ゲストハウス」というものも近年増えています。
「ホステル」はアメニティや個室を備えているところもあるので、「ゲストハウス」と「ホテル」の間といったところでしょうか。

今回は、その中でも最近オープンした個性派おしゃれホステルをご紹介します。

WIRED HOTEL ASAKUSA(ワイアード ホテル アサクサ)【東京・浅草】

コンセプトは「LOCAL COMMUNITY HOTEL」

2017年4月にオープンしたWIRED HOTEL ASAKUSA。
こちらはWIRED CAFEなどを展開するカフェカンパニー株式会社が運営しており、ホテルに初参入したことで話題になりました。

「世界中から訪れる旅行者も、地元に根付く人々も。ここに集う誰もが、ボーダレスで豊かなマインドと共感でつながるホテル」という理念で運営されています。

実はこういったコンセプトを掲げているホテルは多いのですが、こちらのホテルの面白いところは場を提供するにとどまらないところ。
例えば、入口を入ってすぐフロントのそばの「1 mile guide book」というコーナーに注目してみてください。


ここにあるスポット情報は、部屋に用意されている「1 mile guide Map」とも連動している

地元をよく知る個人やお店などが「アンバサダー」となり、地元目線でおすすめスポットを紹介してくれています。
自分の興味あるスポットの情報だけを集めて、ディープな浅草のオリジナルガイドブックを作れるという仕組みが楽しいです。もちろん無料。

“いちいち”こだわった館内

館内を歩くと、ディスプレイからアメニティまで、そこらじゅうこだわりだらけ!


5階廊下にはFrankie Cihi(フランキー・スィーヒ)によるダルマ。レセプションで販売もあり

ドアノブサインも、浅草エリア(東京都台東区)の企業と第一線で活躍するデザイナーがコラボした「TOKYO L」の革製マグネット

案内してくださったスタッフの方も「“いちいち”なんですよ!」と、揶揄するように“いちいち”それぞれのこだわりや由来についてストーリーを語ってくれました。
それがゲストとの会話のきっかけにもなるそうです。

お部屋は3タイプ


最上階のお部屋はペントハウス。周りに遮るものも無く眺望抜群

お部屋は、ペントハウスもある「SUPERIOR(スーペリア)」、シンプルな「STANDARD(スタンダード)」、ドミトリースタイルの「DORM(ドーム)」の3タイプ。


ドミトリーなのにスペースが広くてびっくり

「DORM」は相部屋でも仕切りがしっかりとして、スペースもゆったり取られているので快適です。

またスゴいのが、スウェーデンのベッドメーカー「DUXIANA(デュクシアナ)」のベッドをドミトリー含め全室に使用しているということ。
「ホステルのベッドは狭くて硬くて寝心地は良くない」という常識を覆してくれました!

コミュニティが生まれる場所


1階:ZAKBARAN(ザックバラン) 営業時間/朝7時~23時

1階はレセプションへもつながっているカフェ・バー。
朝食、昼食、カフェ、そして夜は「江戸バル」へ。日本各地から厳選して豊富に取り揃えられた日本酒も気になります。
毎月いろいろなイベントも開催されているそう。

4階に、キッチン付きの宿泊者専用ラウンジもあります。


フレンドリーな接客もクチコミで評判

スタッフはいろいろな業界や国から集まっており、先入観にとらわれない取り組みや接客態度が良い方向に作用しているようでした。

素泊まりだけでなく「TOKYO ACADEMIC RIDE TOUR付き宿泊プラン」(9207円~)のようなツアー付きプランを提供しているのも特徴的。
ゲストと地元を繋げて、新たなローカルコミュニティを作っていこうとするWIRED HOTEL ASAKUSAらしい取り組みです。


WIRED HOTEL ASAKUSA
TEL/03-5830-7931
住所/東京都台東区浅草 2-16-2 浅草九倶楽部
アクセス/電車:東京メトロ浅草駅・田原町駅より徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅より徒歩3分
料金/1泊素泊り3207円~64800円
※イベント情報はFacebookページで発信中
https://www.facebook.com/wiredhotel.tokyo/

CITAN(シタン)【東京・東日本橋】


2017年3月、東日本橋にオープンした7階建てのホステル。
ホステル&ゲストハウスブームの先駆けともいえる「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」「toco.」などの系列です。

1階:BERTH COFFEE(営業時間/8時~19時)

1階のコーヒースタンド「BERTH COFFEE」と地下の「BAR & DINING」は宿泊者以外も気軽に利用でき、地元の人と旅行者の入り混じった雰囲気が活気を生み出しています。


地下:BAR(営業時間/18時~24時)、DINING(営業時間/18時~LO22時30分)

地下では世界中のお酒やおいしい食事を楽しめるだけでなく、週末はDJナイトやLIVEなどの音楽イベントも頻繁に行われています。


8人ドミトリー3000円~、4人ドミトリー3400円~ほか(いずれも1泊素泊り)

キングダブルルーム1万円~(1室2名利用時の1名分)

2階から7階は宿泊者専用の空間。
女性専用もあるドミトリー、サイズの異なるツインルーム・ダブルームなどの個室があり、旅の目的や予算に応じて宿泊できます。

「かつては五街道の起点として栄え、幾つもの旅がはじまった日本橋。ここで始まったストーリーが、町に、人に、繋がってゆくような、そんな場所を目指しています。」とコンセプトについて語っています。


CITAN
TEL/03-6661-7559
住所/東京都中央区日本橋大伝馬町15-2
アクセス/電車:都営新宿線馬喰横山駅A1出口より徒歩3分
料金/1泊素泊り3000円~1万8000円

Charin Co HOSTEL(チャリン コ ホステル)【大阪】

2017年5月、大阪の中心部にオープンしたこちら。「Charin Co(チャリンコ)」とは、そう、自転車のことです。
自転車をレンタルして、滞在先でも小回りのきく動きができるので、観光にもお仕事にもとっても便利。おしゃれ自転車を有料で借りられるだけでなく、もちろん無料レンタルの自転車も豊富です。
難波・道頓堀・梅田などの主要エリアへのアクセスは抜群です。


6階の宿泊者専用ラウンジ

6階の宿泊者専用ラウンジにはキッチンもあり、自炊もできます。
1階には宿泊者以外も利用できるバーがあるほか、周辺はおいしいカレーライス店の激戦区とのこと。
宿に貼付されているカレーライス屋めぐりマップを参考に、周辺散策も楽しそうです。


ドミトリーは男女共用と女性専用とがあり

仕切りがしっかりとあり、スペースも広めのドミトリーは女性でもくつろげそう。フロアに布団を敷いて眠れる個室も3タイプあります。
自転車をお供にアクティブかつコンパクトに滞在を楽しむ、そんな新しいスタイルを試してみてはいかがでしょう。


Charin Co HOSTEL
TEL/06-6944-3100
住所/大阪府大阪市中央区鎗屋町2-2-9
アクセス/電車:大阪市営地下鉄谷町4丁目駅より徒歩4分
料金/素泊り1泊3200円~1万9440円(時期により変動あり)

&AND HOSTEL FUKUOKA(アンド ホステル フクオカ)【福岡】

2016年8月に福岡でオープンし、その後2017年4月に浅草北店、5月には上野店と展開しているこちらは、日本初「IoT」ホステルブランド。

IoTとは、「Internet of Things(モノのインターネット)」の略。
簡単にいうと、モノをインターネットに繋ぐことによって、離れた場所でもそのモノの状態を知ったり、操作したりすることができるようになるということです。

つまりこちらのホステルは、近未来のIoT空間を楽しめる体験型宿泊施設、いわば「スマートホステル」といったところでしょうか。
ドアの開錠・施錠や空調管理、睡眠管理などを、貸し出された専用のスマートフォンで操作できるなど、宿泊中にIoT体験ができてしまうのです。


IoTを体験できる「IoTルーム」のほか、ドミトリーもあり

1階のダイニングカフェでもIoTが体験できます

最先端の技術を体験できるのに、宿泊料金は通常のホステルと大きく変わらないところも魅力的ですね。

今後も内容をアップデートさせつつ首都圏・関西圏を中心に展開予定とのこと。
旅のついでに近未来のスマート生活を先取り体験してみるのも、いいお土産話になりそうです。


&AND HOSTEL FUKUOKA
TEL/092-273-0770
住所/福岡県福岡市博多区上川端町10-5
アクセス/電車:福岡市地下鉄中洲川端駅より徒歩2分
料金/素泊り1泊3300円(1名分)~1万800円(1室分)

BOOK AND BED TOKYO東京店【東京・池袋】


2015年12月のオープン以来、話題の的となっていた「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステルが2017年1月にリニューアル。
フロアを増床し、お酒を楽しめるバースペースもオープンしました。


8階にフロントを兼ねたバースペース「BOOK AND BED AND BAR」もオープン

さまざまなジャンルの本3500冊以上がずらりと並んだ様子は、本好きにはたまらないはず。
個人スペースには、ブックライト、カーテン、ハンガー、Wi-Fi、専用コンセントも完備。


本棚の合間に設けられた部屋「BOOKSHELF」

宿泊だけではなく、13時~17時は「デイタイム」(1時間500円。フリータイム1500円。予約不可)の利用もできます。
ソファや寝床でゆったりと、心ゆくまで読書に浸ってください。


BOOK AND BED TOKYO 東京店
TEL/非公開(予約や問合せはWebページより)
住所/東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7、8階
アクセス/電車:JR池袋駅C8出口より徒歩30秒
料金/1泊素泊り3800円~(時期により変動あり変動あり)
※支払いはクレジットカードのみ

ますます盛り上がるホステル業界
ホステルは「安く泊まれる場所」という従来の概念を超え、「体験を提供する場所」として新たに生まれ変わろうとしています。

2020年の東京オリンピックに向け、しばらくオープンラッシュが続きそうなホステル業界。
さらなる異業種からの参入や、変わり種コンセプトなど、今後も何かと話題になりそうです。


※この記事は2017年9月時点での情報です

(更新日:2017年10月18日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME