top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ステイホームで起こった家事が増える問題!その原因は??

パパコミ

在宅勤務をする人が増えたことで、これまで家にいる時間が少なかったパパが家事に取り組むことも増えてきたという声も聞かれるようになりました。でも、必ずしもそれで家事が楽になったということでもないようなのです。家事シェアの提唱者でNPO法人tadaima!の三木さん!いったいどういうことなのでしょうか?

夫の在宅時間が長いほど、妻の家事は忙しくなる!?

長く続いたステイホーム期間を終えて、周囲のママたちの声を聞くと、こんな声がありました。

「夫がずっと家にいたことで、毎日が忙しくなってストレスだった」

夫にしてみればなんとも切ない気持ちになりますが、実際、夫への不満は多かったようです。もう少し話を聞いてみると、家にいるパパが何も家事をしなかったのかというとそうでもなさそうです。それなのに、なぜそんな気持ちになってしまったのか?そこにはこんな原因があります。


図:「家事でモメない部屋づくり」より

広告の後にも続きます

とてもおもしろい調査結果があります。こちらは「夫の在宅時間が長いほど、妻の家事時間も長くなる」というもの。

まず、上のグラフをみると「家にいる時間が長くなるほど夫も家事をやっている」ということがわかります。しかし、一方では「夫の在宅時間が長いほど、妻の家事時間も長くなる」という矛盾したようにも感じる調査結果があるのです。

本来なら、夫が家事をしてくれた分、妻の家事時間も少しは短くなるはずです。でも残念ながら、夫が家事をした分に加えて、妻はもっと忙しくなっています。

つまり、総じて家庭内の家事時間が長くなっているという事実。

では、なぜそんな現象が起こってしまうのでしょうか?

じつは家事というのは、そのほとんどが「マイナスを0に戻す作業」です。つまりマイナスが少なければ0に戻す作業も少なくて済むということ。たとえば、散らかっていなければ片づけなくていいし、汚れていなければ掃除しなくてもいいのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル