明石家さんま、ニッポン放送で3度目の特番 生放送で「3つの大ウソ」告白
明石家さんま、ニッポン放送で3度目の特番 生放送で「3つの大ウソ」告白
 お笑い芸人・明石家さんまが、ニッポン放送の特番『君に耳キュン!総選挙前日 秋の大作戦!明石家さんま オールナイトニッポン お願い!リクエスト 当選?落選?男女100人“ウソ物語”』(21日 後5:50~9:30)に生出演することが、明らかになった。今年4月の特番で29年ぶりに同局番組のパーソナリティーを担当、8月の特番にも続けて出演して以来、この半年間で3度目の登場。今回も同局の増山さやかアナウンサーをアシスタントに、雪解けを果たしたニッポン放送でしゃべり倒す。


さんまは、かつて『オールナイトニッポン』(1979年10月4日~81年3月26日)や『明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送』(83年5月7日~88年3月26日)などレギュラー番組を担当していたが、29年前の“ある出来事”がきっかけで同局の番組出演を拒むようになった(その間にゲスト出演はあり)。

4月の特番では、29年の空白について自ら説明。リスナーからのリクエストを受け付けて音楽をかけるというメインテーマそっちのけで、3時間50分の放送でリクエストはわずか5曲のみという、さんまのマシンガントークがさく裂。8月の特番では、リスナーとの恋バナトークが弾み、前回を下回るリクエスト4曲という記録を打ち立てたが「今回もあっという間で。また3回目がどうなりますことやら。また、次回お会いしましょう」と予告していた。

今回の特番は「ウソ」をテーマにリスナーとのトークを展開。ロックバンド・THE ALFEEの高見沢俊彦が作詞・作曲を手がけた「真赤なウソ」をヒットさせ、「日本一の最低男」の称号を持つさんまも自身にまつわる「3つの大ウソ」を披露。さんまは、今回の特番を前に「(8月は)楽しくやらせてもらいました。(前回の最後に)『また、次回』って言ってしまったから、やるしかないやろ!」とコメント。前回、1300通を超えるメッセージが寄せられたことを伝えられると「ありがたいな。今回もよろしく!」と呼びかけていた。
(更新日:2017年10月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME