top_line

西島秀俊、徳川家康の天下取りの裏にあった世界の“日本銀”攻防戦に迫る『NHKスペシャル』

テレビドガッチ


西島秀俊が番組ナビゲーターを務め、地球規模の歴史から日本の戦国時代の新たな姿を描くシリーズ『NHKスペシャル 戦国 ―激動の世界と日本―』(NHK総合)。7月5日(日)21時から放送される第2集では、「ジャパン・シルバーを獲得せよ 徳川家康×オランダ」と題して、豊臣秀吉なき後、徳川家康の天下取りまでの時代に迫る。

今、世界各地で「日本の戦国時代」に関する文書などの発見が相次ぎ、その知られざる姿が明らかになってきている。浮かび上がってきたのは、「大航海時代」のヨーロッパ諸国と日本が強く結びつき、互いに影響を与えながら、日本と世界の歴史を大きく揺るがしていたという事実だ。

ヨーロッパで見つかった文書には、ポルトガルやスペインに遅れて日本に参入したオランダの商人が、家康を手厚く支援していた様子が記されていた。彼らが見返りとして求めたのは、当時“国際通貨”として最重要の商品となっていた「銀」。世界の3分の1を産出していたとされる日本の銀をめぐり、オランダとスペインの間に激しい攻防が始まっていた。それは同時に、世界の覇権をめざす両国の争いの最前線でもあり……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル