top_line

田口壮がメジャー挑戦、イチロー、新庄剛志のメジャー2年目は――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2002年編】

ベースボールチャンネル

田口壮がメジャー挑戦、イチロー、新庄剛志のメジャー2年目は――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2002年編】

 ついに7月開幕(日本時間7月24日か25日)が正式決定となったメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2002年編。

2002年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2002年は、前年に続きバリー・ボンズ(サンフランシスコ・ジャイアンツ)が2位以下に大差をつけ、1位に輝いた。同年のボンズは、シーズン記録を更新した前年を下回る本塁打数となったが、それでもナショナル・リーグ2位の46本塁打を記録。打率.370、出塁率.582、長打率.799、OPS1.381と4部門で両リーグトップの成績を残した。
 
 2位には5つ順位を上げたジム・トーミ(クリーブランド・インディアンス)、3位にはマニー・ラミレス(ボストン・レッドソックス)が入った。ラミレスは、2017年に四国IL・高知でプレーするなど、日本でも馴染みの深い選手だ。2000年オフにFA移籍でインディアンスからレッドソックスに加入し、移籍初年度から期待通りの活躍を見せたが、2年目となった2002年はさらに成績を伸ばし、打率.349でアメリカン・リーグ首位打者を獲得した。
 
 4位に前年惜しくもトップ10入りを逃したブライアン・ジャイルズ(ピッツバーグ・パイレーツ)が入り、ジェイソン・ジアンビ(ニューヨーク・ヤンキース)、ラリー・ウォーカー(コロラド・ロッキーズ)と続く。
 
 7位は3つ順位を上げたアレックス・ロドリゲス(テキサス・レンジャーズ)だ。前年にアメリカン・リーグ本塁打王を獲得したロドリゲスは、それを上回る両リーグトップの57本塁打を記録。142打点も両リーグトップの数字となっており、2年連続の本塁打王、自身初の打点王に輝いた。
 
 8位にランクインした、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)のブラディミール・ゲレーロは、トップ10の選手の中では異色の成績を残した。同年は打率.336、206安打、39本塁打、111打点、40盗塁、OPS1.010を記録し、ナ・リーグ最多安打を獲得。高水準のOPSを残しながら、200安打を放つ打撃は、長打力を兼ね備えたヒットメーカーと言えるだろう。盗塁もナ・リーグ4位の数字となっており、走攻に渡る活躍を見せた。
 
 9位にトッド・ヘルトン(ロッキーズ)、10位は前年2位のサミー・ソーサ(シカゴ・カブス)となった。

田口壮が日本人野手3人目のメジャーデビュー、新庄剛志はジャイアンツに移籍

 2002年は前年のイチロー、新庄剛志に続き、田口壮が日本人野手3人目のメジャーデビューを果たした。まずは、その田口の成績から振り返っていきたい。
 
 田口は、オリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)からFA移籍でセントルイス・カージナルスに入団。NPBではベストナイン1回、ゴールデングラブ賞5回を獲得した。打撃タイトルの受賞歴はないが、シュアな打撃と俊足・強肩を活かした外野守備で、イチローらとともにオリックスの鉄壁外野陣を形成した。
 
 MLBでは開幕ロースター入りを逃した田口。6月にメジャー初昇格を果たしたが、目立った活躍を見せることはできず、マイナー降格となった。
 
 9月に再昇格を果たすと、メジャー初安打を記録。以降はスタメン、途中出場問わず、与えられた仕事をそつなくこなした。
 
 最終的に19試合の出場に終わるなど不完全燃焼となったが、打率.400、OPS.871を記録。少ない打席で結果を残し、メジャーデビューの1年を終えた。
 
 続いて、メジャー2年目を迎えた新庄だ。
 
 新庄は前年の活躍が評価され、オフにジャイアンツへトレード移籍。開幕戦では「1番・中堅」に抜擢されるなど、首脳陣から大きな期待を受けた。
 
 しかし、シーズン序盤から打撃不振に陥り、打順も下位へ降格。7月下旬には故障者リスト入りとなり、復帰後も離脱中に加入した選手に、中堅のレギュラーの座を奪われ、スタメン出場は減少した。
 
 同年のチームは、ボンズらの活躍によって好調を維持し、地区優勝は逃したもののワイルドカードでポストシーズンに進出。勢いのままに勝ち進み、ワールドシリーズまで辿り着いた。第1戦には「9番・指名打者」でスタメン出場を果たし、安打も放った新庄。これが日本人選手のワールドシリーズ初出場となった。惜しくもワールドチャンピオンは逃したが、最終戦までもつれる熱戦を演じた。
 
 最終的に打率.238、9本塁打、OPS.664とチーム成績とは裏腹に、大きく成績を落とすこととなった。しかし、前年に続いて守備での貢献度は高く、RFでもリーグトップクラスの指標を記録した。

イチロー、メジャー2年目の活躍

 そして前年にシーズンMVP、新人王など多くのタイトルを獲得し、華々しいメジャーデビューを飾ったイチローだ。
 
 2年目を迎えた2002年のイチローは、前年同様「1番・右翼」を主戦場とし、その活躍で打線を牽引した。
 
 春先から好調を維持。特に5月は月間打率4割を超えるなど、前年を上回るペースで安打を量産し、一時はリーグ首位打者に躍り出た。
 
 しかし、8月に入ると成績が悪化。イチローの不振と同時にチームも下降線を辿った。9月に2年連続のシーズン200安打を達成するも、チームは地区3位の成績に終わった。
 
 最終的に157試合に出場。打率.321、208安打、31盗塁の好成績を記録。守備でも相変わらずの高い貢献度を誇り、2年連続でゴールドグラブ賞を獲得した。打撃成績は前年と比較すると劣るが、打率はリーグ4位、安打数は1本差でリーグ2位となっており、同年もメジャー屈指の好打者として強い存在感を放った。
 
 
イチローが新人王&MVP、新庄剛志は4番起用も――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2001年編】

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル