『スター・ウォーズ』の監督が平等院を訪問「日本文化との繋がりが深い」
『スター・ウォーズ』の監督が平等院を訪問「日本文化との繋がりが深い」
映画史にその名を残す世界的人気シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017年12月15日公開)。本作の大ヒットを祈願して、世界遺産として知られる平等院(京都府宇治市)で「スター・ウォーズ狂言」と「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』武人画屏風」のお披露目が行われ、ライアン・ジョンソン監督が出席した。
日本でも社会現象を巻き起こした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の物語のその後を描いた。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会った主人公・レイの真実や、ダース・ベイターとカイロ・レンの関係などが明かされていく。

『スター・ウォーズ』には、日本的な衣装、メイク、キャラクターも多数登場し、その影響を大きく受けていることで知られ、『最後のジェダイ』でもその要素は受け継がれている。

ライアン・ジョンソン監督は、「子どもの頃に観て、ファンになった『スター・ウォーズ』を通して、黒澤明監督の作品を知り、好きになりました。そして今回も、このような美しい日本文化に触れる機会をいただけて、大変光栄です。今日は特別な朝になりました」と喜びを口にした。

「スター・ウォーズ狂言」は、太郎冠者、次郎冠者が登場する狂言『文荷(ふみにない)』をアレンジした作品。太郎冠者、次郎冠者とは役名であり、『スター・ウォーズ』の人気キャラクター、R2-D2、C3-POの誕生にヒントを与えた、黒澤明監督作『隠し砦の三悪人』の登場人物のモデルにもなっている。

ライアン・ジョンソン監督は、「太郎冠者、次郎冠者のボディーランゲージ、掛け合いなど、(『スター・ウォーズ』の)様々なキャラクターへの影響を感じました。日本文化との繋がりを改めて深く感じ、特別な経験になりました」と感激。

「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』武人画屏風」は、武人画アーティスト・こうじょう雅之さんが、カイロ・レン、R2-D2、C3-POを描いた屏風。こちらについてもライアン・ジョンソン監督は、「目を見張る美しさ。『スター・ウォーズ』の容疑期と日本の美の繋がりを感じます」と熱心に見つめた。

今回も大旋風を巻き起こすこと間違いなしの『最後のジェダイ』。「宇治市は『お茶の京都』として名高いということで、ぜひお茶を楽しみながら観て欲しい」とPRした。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より公開
(更新日:2017年10月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME