top_line

汗をかきやすい季節は要注意! 小児科医に聞く子どもの「アトピー性皮膚炎」対処法

もっとエンタメ

 肌の湿疹やかゆみに慢性的に悩まされる「アトピー性皮膚炎」は、乳幼児に多い疾患といわれている。これからの暑い季節は汗をかきやすく、症状が悪化するお子さんも多いのではないだろうか。OVO編集部は、アレルギー専門外来などで長年アトピー患者の診断・治療を担ってきた「武蔵小杉 森のこどもクリニック小児科・皮膚科」院長の大熊喜彰先生に、アトピーの原因や治療法、自宅でできる対処法について話を伺った。

■アトピー性皮膚炎とは?

Q.「アトピー性皮膚炎」はどんな疾患でしょうか?

 「アトピー性皮膚炎」は皮膚が「赤くなる」「小さなぶつぶつができる」「かさぶたができる」「(長期的にみると)皮膚が厚くなる」「乾燥肌が目立つ」などの症状が出る疾患で、乳幼児に多い傾向があります。

 かゆみを伴う湿疹が慢性的(1歳未満では2カ月以上、1歳以上では6カ月以上継続して)に良くなったり悪くなったりを繰り返し、かゆみがある湿疹が“左右対称”に出てくることが特徴です。

 また、以下のように年齢によって湿疹が出現しやすい場所がある程度決まっていることも特徴です。

・乳児:顔、首、頭、(ひどくなると)胸や背中

・幼児・学童:首まわり、耳の付け根の亀裂、膝の裏、肘の内側、尻

・思春期・成人:主に上半身(顔、首、胸、背)

 アトピー性皮膚炎は、生まれ持った「遺伝的要因」と「環境要因」が複雑に絡み合って発症します。遺伝も関係しますが、生まれ持ったアレルギー体質とその後の生活環境が複雑に関連して発症する疾患であるため、遺伝だけで決まるわけではありません。

 悪化させる要因には、年齢や生活環境などにもよりますが、黄色ブドウ球菌、ダニやカビ、花粉、乾燥、汗、ペット、食事バランス、夜型生活、睡眠時間の減少、精神的なストレスなどがあります。原因を検査で証明することは難しいですが、診断や病…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル