top_line

“カラオケ店ライブ放送騒動”イ・ヒョリ、「時期に合わない行動を深く反省…お詫びする」

ワウコリア


韓国歌手イ・ヒョリとユナ(少女時代)が新型コロナウイルス感染症が収まらないこの時期にカラオケ店を訪問し騒動となった中、イ・ヒョリが謝罪の意を伝えた。

2日、イ・ヒョリは自身のInstagramに文を投稿し「昨夜、まだ気をつけなければならない時期に、合わない行動をした点を深く反省する」と伝えた。また、「最近、わたしは浮き立っていて、深く考えなかった」とし、「姉(年上)としてユナにも申し訳ない。今後、もう少し慎重に行動する」と付け加えた。

前日、イ・ヒョリとユナはそれぞれのInstagramを通してライブ放送を実施。このライブ放送でイ・ヒョリはユナと一緒にアックジョン(狎鴎亭)にあるカラオケ店に来たと明かした。しかし、放送を見ていたネットユーザーらは新型コロナウイルスで多くの市民が社会的距離の確保に賛同している中、影響力が大きい有名人として軽率な行動だと指摘した。特にカラオケ店は感染の懸念が大きく、“高危険施設”に分類される場所であることから、さらに批判の声が上がった。

ネットユーザーからのコメントを見ていたイ・ヒョリは一緒にカラオケ店を訪問した知人に「カラオケ店に来ちゃだめ?」と聞き、ユナは「マスクをちゃんと着けてきた」と話した。マスクを着けてライブ放送を続けようとしていた2人は「申し訳ない。また来る」と言った後、放送を終了した。

その後、このライブ放送映像がネットコミュニティーを中心に拡散され、物議をかもした。このような反応にイ・ヒョリはユナと一緒に撮った写真を削除した。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル