ペンキ塗りその2:ペンキ塗り【カナダ】
ペンキ塗りその2:ペンキ塗り【カナダ】
ペンキを買ってきたら、いよいよペンキ塗り!まずは壁を拭き掃除し、家具などはなるべくお部屋の真ん中に動かして、古いタオルやブランケットなどをかけて汚れないようにカバーします。


ペンキを買ってきたら、いよいよペンキ塗り!まずは壁を拭き掃除し、家具などはなるべくお部屋の真ん中に動かして、古いタオルやブランケットなどをかけて汚れないようにカバーします。壁の中でも、塗らない部分がある場合は、マスキングテープなどでカバーします。

ここまで準備ができたらあとは塗るだけです!まずは細かい部分をブラシで塗り、壁の端や角は、四角い台座にスポンジがついたような器具で丁寧に塗っていきます。ここまではとても細かい作業で疲れます。

これができた後、ようやく中心部をローラーで塗っていきます。この作業はとても楽しいので、子供達にも手伝ってもらい、楽しみながらできました!濃い色の壁を薄い色に塗り替える場合や、しっかりと色を出したい場合は、一度塗りが乾いた後、二度塗り、三度塗りする場合もあります。

今回私は、天井、壁、窓枠、ドア枠、ドアなど、全てを塗り替えたので、計三色使って、それぞれ二度塗りしたので、寝室を塗り終わるのに二日かかってしまいました。こちらでは冬は寒すぎて窓が開けられず換気ができないのでペンキ塗りができません。

まだまだ壁の色を変えたいところがたくさんあるのですが、ケベックの短い夏はすでに終わりかけています。本格的に寒くなる前までにやってしまわないと後は来年の春まで待たなければいけなくなってしまうので、今のうちに頑張ろうと思います!
(更新日:2017年10月10日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME