top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「iKON」BOBBY、ビルボードやローリング・ストーンが集中照明「K-POPヒップホップの独歩的な人物」

ワウネタ海外生活


韓国アイドルグループ「iKON」のBOBBYが初のソロアルバム発表以降、ビルボードやローリング・ストーンなど主要海外メディアの関心を一身に受けている。

5日(現地時間)午後、米ビルボードはBOBBYとのインタビューを通し、2年を超える制作期間を経て誕生したソロアルバム「LOVE AND FALL」について、集中照明した。ビルボードは「ファンはBOBBYのソロ出撃に驚いただろう。しかし、BOBBYは自身が多才多能なクリエイターであることを証明するため、この瞬間だけを待ち続けていた」と紹介した。

BOBBYは今回のインタビューを通して「ラッパーである前にミュージシャンでいたかったし、ミュージシャンである前にアーティストになりたかった。良い姿というよりはより良くなった姿をお見せするために努力した」として、アルバム発売の心境を伝えた。

続けて、BOBBYが作詞・作曲した全10曲についてのビハインドも電撃公開した。BOBBYは「ダブルタイトル曲『愛してる(サランヘ)』を通して、愛は時間に勝ちづらく、ときめきが陥った愛には情しか残っていないことを表現したかった」と述べた。

同日、Rolling Stone IndiaもBOBBYとのインタビューを掲載し、国内を超えて世界のあちこちで広がるBOBBYの波及力を実感させた。

Rolling Stone Indiaは「BOBBYは若い年齢でK-POPのヒップホップシーンに挑戦状を叩きつけ、その後、独歩的な人物となった。2014年に『SHOW ME THE MONEY 3』で優勝し、『iKON』というグループで正式デビューを終えた彼にとって、成長する機会は無尽蔵だった」と好評した。

BOBBYは「今回のアルバムは洗練されることを望んだし、多様なジャンルを消化したかった」と強調した。発表直後、22カ国のiTunesで頂点に立ったBOBBYは「私の音楽が言語の障壁を飛び越えたという言葉を聞いた時、とてもうれしかった。これからも頑張りたい」と伝えた。

一方、BOBBYは11月29日、日本でも「LOVE AND FALL」を発表する。また、BOBBYが属する「iKON」はカムバック準備に拍車を掛けている。特に11月初めに放送予定のJTBCの新バラエティ「アイドルの修学旅行」などを通して、活発な活動をおこなう予定だ。

TOPICS

ランキング

ジャンル