top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

名作で観る世界の宮殿と城 (1) アントワネットとアミダラの人生をたどる【映画で仮想旅行】

goo映画

執筆:Avanti Plus

主となるための熾烈な戦いを勝ち抜き、覇者となった者の生き方。巨大建築の設計に注ぎ込まれた繊細かつ緻密な技術。城が登場する映画は、そんなありようを最大限に利用し、物語を代弁させたものが多い。今回は城が舞台の映画をご紹介しよう。

成長の象徴としての「ベルサイユ宮殿」

日本女性がフランス革命に詳しい理由は、池田理代子の名作マンガ「ベルサイユのばら」があるからだ。筆者にアンシャン・レジーム、ロベスピエールなどという単語や名前を記憶させたのもこの作品であり、恐るべき漫画である。

タイトルの由来でもある「ベルサイユ宮殿」(フランス)は、マリー・アントワネットとルイ16世らも暮らした場所。元は1624年にルイ13世が建てた離宮で、太陽王と呼ばれたルイ14世が改築・造園し、1682年に王宮として移り住んだ。

宮殿とその周辺に約1万人の貴族や官僚を住まわせ、王の寵愛を競わせた理由は、幼い頃に遭った大貴族の反乱だと言われている。絶対王政を布くために有力な貴族を住まわせ、たがいに競わせて力を弱体化させたという意味では、江戸に大名を住まわせた徳川家康の考え方に近い。

広告の後にも続きます

ベルサイユ宮殿の鏡の間(f11photo/stock.adobe.com)

ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演の『マリー・アントワネット』(2006)は、このベルサイユ宮殿で3カ月ロケを行った。史実を追うというより、ストレンジャーな少女が、味方が1人もいない中で自分の呼吸する場所を探す物語だ。父フランシス・コッポラの撮影に同行して、世界を転々としながら居場所を探した少女時代のソフィア自身を描いたと言っても過言ではない。

作中では、産まれた子どもとプチ・トリアノン(小トリアノン宮殿)で過ごすマリー・アントワネットをある意味、居場所を見つけたとも受け取れる描き方をしている。

これは、“青い鳥”は場所ではなく、身近なところにあったという意図なのだろう。実生活でも映画の公開年に第1子を出産。プロモーションで、本作が「女性が進むべき道やアイデンティティを見つける3部作の最終章」だとコメントしている。

プチ・トリアノン(PackShot/stock.adobe.com)

マリー・アントワネットが狂瀾の日々を過ごす演出は、カンヌ国際映画祭や研究者らの不興を買ったようだが、たぶんこれは1664年に、ルイ14世が愛人ルイーズのために開いた饗宴「魔法の島の歓楽」を具現化してみたのではないか。6日間にわたるその饗宴では、ルイ14世お抱えの舞台美術家カルロ・ヴァガラニによる花火が幻想的に噴水のある大庭園を飾ったそうだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル