top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

X4、デビュー2周年!5人の個性が際立ってきた今だから送る『XTIME』のリリース!【インタビュー】

UtaTen

2周年を迎えて…




──『XTIME』のリリースでメジャーデビュー2周年ということですが、皆さんが2周年を迎える感覚ってどんな感じでしょうか?

KODAI:あっという間って思ったんですけど、まだ2年なんやって思います。

T-MAX:そうだね、両方やね。


──新メンバーのお2人はいかがでしょうか?

SHOTA:僕はすごく早く感じます。本当にあっという間だったんで、だいぶ濃い時間を過ごしていると思います。


──きっと人生で一番忙しい2年になったんじゃないでしょうか?

JUKIYA:いや…

YUYA:違うの!?

JUKIYA:あっという間の2年間やったんですけど、振り返ってみると海外も初めて行かせてもらったり、こうやって取材もやらせてもらってて濃い時間やったんですけど、でも、もう2年やねって早い感じはしますね。不思議な感じです。


──今作『XTIME』にはインディーズ時代の曲がアレンジされたものが2曲入っていますが、オリジナルを知っている人からすると、好みだったりもあると思うんです。結成メンバーのみなさん的には、X4自体や楽曲のテイストが変わって行くことに対する価値観を伺いたいです。


KODAI:そうですね、インディーズの頃の曲を5人でやれるっていうことが純粋に嬉しいなって思いますね。今の5人やからこそこのアレンジなんかな、とも思うし、すごい前向きに思っていますね。「ここは絶対大事にしておきたいから譲れんねん」っていうことは楽曲に関してはあるようでなくて、今の自分らが出来ることを精一杯やりたいなっていうのがあります。


──オリジナルバージョンはもう一生聴けないとか…

KODAI:いやいやいや(笑)!それは使い分けていきたいですね!特別な日に元のバージョンで歌ってみたりとか。

YUYA:そうですね、僕らのその時の気持ちだったり、でも曲って変化していくものかなって思うので、アレンジが変わった曲もありますし、デビュー前と比べてボーカル力っていう意味で成長している部分もそれぞれあるから、同じアレンジだったとしても聴こえ方はきっと違ってくるでしょうし、僕らとともに曲も常に成長していってるんじゃないかなって思いますね。ただ、どっちのバージョンでやるかっていうのは悩みますよね!


──SHOTAさんとJUKIYAさんはインディーズ時代の楽曲を歌う子ことに対して、プレッシャーみたいなものを感じることはありますか?

SHOTA:すごくありました!元がある曲って、アレンジだけじゃないところでも絶対に比較されるので、いかに“俺はこうなんだ。”っていうのを出せるのかが大事だと思いました。僕はX4が生まれた時からある大切な曲だと思うので、やっぱり緊張しましたし、めっちゃ練習しなきゃ、って思いましたね。


──こういったことをメンバーの間で話したりはするんですか?

KODAI:「めっちゃ緊張してます」ってことはあんまり聞かないですね!逆に、「ここってどんな風に歌ってます?」みたいな感じで聞いてくることはありましたね。

JUKIYA:僕は『FIRE』とかラップが入ってる曲では「ここ、どういう英語の発音で歌ってるんですか?」とか聞いたりしました。そこに自分らしさを入れてみようとか考えました。

SHOTA:インディーズの頃の『Raindrop』にはもともとラップは入ってなかったんですけど、そこでJUKIYAがラップ入れてるんですよ。そこは?

JUKIYA:そうですね、「Raindrop」は前とアレンジもガラリと変わっているので、僕自身ライブで歌うのが楽しみやし、レコーディングも楽しかったですね。


──Rap結構早口ですよね!

JUKIYA:そうですね、KODAIくんがRapのリリックを書いてくれたんですけど、リズムをとるのが難しくてレコーディングのギリギリまで教えてもらいながら練習しました。


──『Raindrop』にラップを入れようと決めたきっかけが何かあったんですか?

KODAI:イベントに出演させてもらった時にスタッフさんと相談して、『Raindrop』にラップとか入れてみれば?って話になったんで、そこで書いて歌ったものを今回仮歌でやってみようって入れたんです。それをJUKIYAが録り直してくれて。


──ではイベントでラップ入れたバージョンを作った時はまさか盤になるとは?

KODAI:いやー、思わなかったっすね〜!


『XTIME』というタイトルに込められた意味




──今回のミニアルバム『XTIME』のテーマについて聞かせてください。

YUYA:このグループを作る時に“それぞれ個性を持ったグループにしたい”っていう想いが、X4としてもだし、それ以外の環境でも魅せれるようになってきたことで徐々に実現されてきたタイミングで今回のアルバムリリースになったので、『君がいるから』以外ではそれぞれがメインになるような曲が多かったりして、また違った意味でのX4の成長を感じてもらえるアルバムになったんじゃないかなと思います。


──グループとしてありながら、個々にフォーカスを当てることに対しての抵抗はなかった?

KODAI:なかったですね!それぞれがX4のアイコンとなれるようなグループになっていこうって話し合っていたので、それぞれがメインに立つことを今回のミニアルバムでやらせてもらえたことは理想としているX4の図に近づけたっていう感覚なので、嬉しく思ってます!


──前作からの流れ的に“クロスタイム”って読むのかと思いきや“エックスタイム”と読ませるのには特別意味があるんですか?

KODAI:ないですね(笑)!ただ、“エックスタイム”っていうのは音楽の用語として“尺を決めない自由な時間”とか次また歌に入るまでのアドリブの時間っていう意味でもあるので、それぞれメインでやっている曲で自由にできただろうし、ミニアルバムを聴いてもらえるファンのみんなやお客さんの自由な時間や好きな時間に聴いてもらえるような1枚に慣れたらいいなとも思うので『XTIME』と付けさせてもらいました。


──それぞれの活動がある中での収録で大変だったかと思いますが、レコーディングで印象に残ったことはありましたか?


JUKIYA:『Attention Please』っていう曲でSHOTAくんと僕がラップで歌ってるんですけど、2人で掛け合いする部分があって、そこをそうやって歌おうとか、発音とかも固めていったり、2人で会って練習したりしたんでかなり凝りました!


──出来上がりを聴いて先輩3人は如何でしたか?

KODAI:かっこいいなって思いましたね!

T-MAX:聴いた時はスッゲェ練習したんだなって思いましたね。

YUYA:そうですね、僕もラップ好きですけど、SHOTAとかJUKIYAはテクニックとかスキル的な意味よりも、今しか出せないフレッシュさみたいな勢いを感じましたね。それは頑張れば出せるものじゃなくて今しか出せないもので、音楽ってそういう“瞬間”のものってあると思うので、この曲はまさに今のSHOTAとJYKIYAにぴったりなんじゃないかなって思いました。


ダンスミュージックに生まれ変わった『最後の言葉』



──曲のファンも多いであろう『最後の言葉』はオリジナルよりだいぶ爽やかで今風なアレンジになった印象でした。今回リリースしたバージョンのアレンジを初めて聴いた時はいかがでしたか?


T-MAX:サスペンスやな〜って思った!

KODAI:サスペンス!

T-MAX:その、ドラマにね?

YUYA:ドラマ、サスペンスではないですけどね!

全員:(笑)

T-MAX:ダンスが付いたし、ダンスミュージックになったっていう感じがありました。元のアレンジじゃ絶対踊れないですけど。どっちのバージョンも好きです!

KODAI:それこそ、今の5人で魅せれる『最後の言葉』になった気がしましたね!


──MVの撮影はどうでしたか?


SHOTA:今回砂浜の上でダンスしてるので、練習とかリハーサルとは違っていざ現場に行くと足はとられるし、撮影時は8月だったので暑いし、大変でしたね!

JUKIYA:一発に集中してやらないとダメでしたね!1回踊っただけで汗びっしょりやし。


──現在ショートバージョンがYouTubeで公開されていますが、フルだとまた違ったものが観られるんでしようか?


KODAI:シチュエーションが違うものが出てきますね!


──なるほど!初回限定版Aの特典映像YUYA Ver.っていうのは?


YUYA:僕が裸で歌い踊るやつです。

KODAI:そんなんやるの!?

YUYA:服着て歩きながら歌ってます(笑) 全部の撮影が終わった時にちょうど夕日が沈む時で、すごく綺麗だったので撮影しようということで撮影してもらいました!


──『最後の言葉』は切ない別れの歌ですが、曲の背景とか、主人公の2人がどうして離れることになったんだろうっていうようなことを考えたりされますか?

KODAI:多分、すごく身勝手な男性だけど、2人の世界にしかない何かがあると思うんですよ。歌詞にも描かれていない部分だと思うんですけど、それをしっかり自分の中でイメージしてますし、表現できればとも思います。

YUYA:こう言う恋愛というか、思ってることとやってることが違ったり、この主人公は矛盾している気がしますね、その矛盾すら受け入れちゃっているところが大人なのかなって思います。


──共感はできますか?

YUYA:共感はできないけど、なんとなく感覚は理解できますよね。歌詞が全てでそれ以上でも以下でもないと思うんで、あとは聴いてる人がどういう世界を膨らませて欲しいですね!


──その“なんとなく感覚は理解できる”っていう感覚は若いお二人にはありますか?

SHOTA:ちょっとわかるのは、2番の「でも君は誰よりも素敵だから 僕なんかより いい出会いが待ってる」って歌う時に思い浮かべるのは、強がりだけど寂しがりやな人だな、って。だけど、逆にここは難しいなって思うフレーズもありますね。

YUYA:愛なのか情なのかね!きっと付き合いが長いんでしょうね、だから相当な理由がないと別れないじゃないですか、だから難しいね。SHOTAが入ったフレーズは強がりの寂しがりやとも捉えられるけど、自分勝手な奴とも捉えられるし。


──歌詞に「子供の頃の あの夢のように」とあるので、皆さんの子供の頃の夢について伺いたいと思います!

YUYA:どう?パン屋さん?

KODAI:なんでパン屋さんって決まってんの!

T-MAX:僕はレアルマドリードに入りたかったですね!レアルマドリードに入れますようにってずっと書いてました!その時はロナウジーニョとか、誰がいたっけその時?

SHOTA:ジダンとか。

KODAI:地団駄。

T-MAX:ジダンが地団駄ってずっと言ってました!そういうCMがあったんですよ…


──ありましたね!

YUYA:広げんでええねん(笑)!

SHOTA:僕も小さい頃の夢サッカー選手でした。見る夢ってコントロールできるってテレビで見て、お父さんに買ってもらったサッカーの本を枕元に置いてました!

YUYA:読んでへんの?

SHOTA:読んでました!夢の中でスター選手とプレイしてました!


──見れるもんですね!

SHOTA:5回に1回は見れてました!サッカー選手になって海外に羽ばたきたいっていうのが夢でした!

YUYA:いつまで?その夢は。

SHOTA:中2とか中3までです。

YUYA:ちなみにT-MAXはサッカー選手になるっていう夢はいつまで?

T-MAX:僕、なれるって思ってたんで。

YUYA:じゃあなれへんってなったタイミングが諦めたタイミング?

T-MAX:いや、もう嫌いになった。

全員:ん!?(笑)

KODAI:サッカーが嫌いになったの?

T-MAX:そう、頑張って続けてたら社会人になっても選手になれるもんやと思ってた。

YUYA:無理やった?

T-MAX:無理やった。だんだん厳しさわかってきて。プロになったら学年とか関係ないのにもかかわらず、それぞれの年代にバケモンがいて、そういうのがありましたね。

YUYA:KODAIは何やったん?


KODAI:小学校の論文に書いたのは塗装屋さん。全く夢がなくて。知ってる仕事がそれしかなかったんですよ。

YUYA:めっちゃおもしろいやん。いつの時点でこれにはなりたくないって思ったん?

KODAI:卒業論文書いた翌年には思ってましたね。

YUYA:僕は、2分の1成人式っていうのが10歳の時にあって、その時に発表した夢はオリンピックの100m走の選手になりたいってことでしたね。走りがすっごい好きだったんですよ。長距離も得意だったんですけど短距離がとにかく好きで、サッカー選手っていう夢があった時もあったんですけど、10歳の時にはもう走り!基本的にはこういう性格なんで、リレーとかでも絶対にアンカー以外はやりたくないって(笑)。

全員:(笑)

YUYA:全然1位で来んでええよ、みたいな(笑)。

KODAI:そのドラマみたいなのやりたかったん!

YUYA:そうそう(笑)。走るのは見てるのも好きで、最近も桐生選手と山県選手の活躍を見てましたね。やってたらどこまで行けたんかなとかも考えますもん。そうでもまあ子供の頃の夢ですね。

JUKIYA:僕もサッカーやってたんでサッカー選手ですね。

YUYA:声ちっちゃ!

JUKIYA:小学生の頃EXILEさんが好きだったんで、EXILEさんになりたかったです。

YUYA:その当時のEXILEさんの誰になりたかったん?

JUKIYA:TAKAHIROさん(笑)

全員:(笑)

YUYA:だいぶちゃうわ!

JUKIYA:小学校3年生の時にTAKAHIROさんに手紙書いたことあります!

KODAI:なりたいです!って。 ?


JUKIYA:はい、でもさすがにお返事はなかったです。

YUYA:サンタさんちゃうねんから!


──サンタさんって信じてました?

KODAI:めっちゃ信じてました…


──何才くらいまで?

KODAI:小6かな?

YUYA:え〜!

SHOTA:マジすか!?

T-MAX:俺小2!

YUYA:覚えてない!よく覚えてるな!

T-MAX:自分で試したんで!1年かけて。

KODAI・YUYA:は?

YUYA:何言ってんねん、帰る?

全員:(笑)

T-MAX:まず1回目はお祈りして、手紙を部屋の一番高いところに置いて、親にも誰にも知らせずにやったら全然ちがう商品が来て。

KODAI:そういうことか!

T-MAX:次の年は「サンタさんにこれお願いすんねん」ってめっちゃ言いまくってたら、来て、“あ、こういうことか”って。

YUYA:すごいT-MAXの頭がクリスマスツリーに見えてきた。

T-MAX:あ、スイカバーに見えるは言われました。

KODAI:僕の家は毎年クリスマスツリーの下に日本酒を置いてたんですよ。なんで置いてんのって言ったら「サンタさん寒いやろ、これで温まんねん」って言われてて、小6までずっと信じてたんですけど小6のクリスマスの時に、楽しみにしててパッと目が覚めちゃったら親父がプレゼント置いてた。それを見て、だからか!って全部辻褄があったんですよ。「お前何が欲しいねん、今からサンタさんに電話してやるよ」とかね、

SHOTA:サンタさんに電話(笑)!

KODAI:お前らが寝ないと電話できんから寝とけって。

YUYA:関西やなぁ。



KODAI作詞、大人の男性に向けた『月夜』




──では、KODAIさん作詞の『月夜』について伺っていきたいんですが、歌詞を書かれる時に意識したことは?

KODAI:曲を聴いた時に、この曲は男性に聞いて欲しいなと思ったんで、この歌詞を書きました。30歳くらいのサラリーマンの方とか。


──「グラス」とか「酔いまかせ」とか、お酒と恋を絡ませたのもそういう理由だったんですね。

KODAI:そうです!酔っ払った時に思い出す昔の恋人、みたいなところをクローズアップして、あなたの話をしている時はお酒に酔ってるのか、まだ恋をしてるのかっていうところを歌ってます。


──皆さんは『月夜』にどう言ったイメージを持たれましたか?

T-MAX:全然X4の曲って感じがしなくて、ソロとしてのKODAIが出てていいなぁって思いましたね!なかなか難しそうだし。

SHOTA:そうですね、KODAIくんじゃないと歌えないと思う。特にサビのメロディーなんかはすごく難しそうだし、KODAIくんの声に合ってるなって思います。


ファンがタイトルを決めた『君がいるから』




──YUYAさんが作詞をされた『君がいるから』ですが、曲をもらった時点からファンを想って書こうということは決めていらっしゃったんですか?

YUYA:そうですね!僕らがファンのみんなにいつも伝えてることだったり想っていることを僕が代表して歌詞にした感じで、曲調もそうですけど歌詞もわかりやすいものにしたかったのでそういう言葉選びをしたつもりですね。


──1つの音符に1文字ずつ詰めている感じが特徴的ですね。

YUYA:先にメロディーが存在していると歌詞を書く側はメロディーに合わせて歌詞を書いていかないといけないんですけど、確かにどうしても書きたい言葉があるとそのまま押し通すこともあるんですよね、だけど今回はそれがないようにしました。だから多分みんなも歌いやすいし、聴いても耳に入ってきやすいかなとは思います。


──特に譲れなかったフレーズや好きなフレーズはありますか?

KODAI:僕、2番のサビが好きなんですよ。「なんてことないかもしれないけど 特別なことじゃないけど 伝えてみるよ 上手く出来る 自信もないんだけど」って歌詞がめっちゃ好きで。



YUYA:おぉ、ありがとう!

KODAI:なんか、めっちゃ素直に伝えれてるっていうか。

YUYA:今KODAIが言ってくれたから僕もそこにします(笑)。自分で書いてるからいいとこって正直わかんなくなってくるんですよ(笑)。
面と向かって言うのは照れ臭いけど歌に乗せたら言えちゃうっていうことあるじゃないですか。角が立つようなことでもラップに乗せちゃうと許されちゃうとか。僕らは歌手やから、ある種そこで消化できている部分っていうのはあると思うんですよね。その中でもちょっと情けない部分まで見せているようなところですね。


──なるほど。

YUYA:あとは2番のBメロの「伝えられて初めて気付く 僕ともまるで違うのに」っていうところですかね。僕らってがむしゃらに走り続けてるんですけど、それを支えてくれてたり応援してくれている人たちっていうのは、自分たちががむしゃらすぎて気づいていないようなことまで見ていてくれたりとかするから、本当タイトル通り『君がいるから』って思うし、ファンのみんなからしてもそうだったりするのかなって思いますね。


メンバーのピックアップフレーズ!




──皆さんそれぞれ、収録曲の中から1箇所好きな部所を紹介してもらってもいいですか?

YUYA :僕『Attention Please』のリリックが面白いなと思ってて…「コップンカップ」。全体的に攻撃的でありながらもスルスルすり抜けていく感じが好きなんですけど、「コップンカップ」って斬新で面白いですよね、急にタイ!?みたいな(笑)。リアルに夢語ってる部分とずば抜けてフィクションみたいな部分があって面白いですよね、よくある“カネ掴んで 派手な車乗って”みたいなものとは違って。



T-MAX:僕は『最後の言葉』の「同じ道を歩いていた つもりだったのに いつの間にか 見てるものが それぞれ違っていた」が気に入っています。あー、すれ違っちゃったんだぁって情景が浮かぶとこです。

KODAI:僕は『三日月』です!最初の「泡沫 夜の訪れ 柔らかい月明かり」



YUYA:“泡沫”

KODAI:“泡沫”!!!っていうここのインパクトがすごくて。泡沫って言われた瞬間に情景見えてきますよね。

YUYA:かっこいいよね。

KODAI:「泡沫」って、日本人でもなかなか使わない絶滅危惧語みたいな。

YUYA:今回NHKの「アシガール」っていうドラマに出演させてもらっていて、時代劇なのでやっぱり現代では使わないような言葉ばっかりなんですよね。「泡沫」はそれでも言ったことないですね。


JUKIYA:僕は『Raindrop』の「一人足を止める交差点 ゆっくりと引き返す行くあてもないのに 浮かぶのは君の笑顔で」っていうRapフレーズが好きです!



KODAI:ありがとうございます

JUKIYA:交差点とか、そういうの出てくるんだ!みたいな。

KODAI:(笑)!

YUYA:交差点なんて言葉出てくるんだみたいな。

KODAI:オイオイオイオイ(笑)

YUYA:交差点知ってんのか!?こいつって(笑)

JUKIYA:そこが“おぉ!”ってきましたね。僕にはない引き出しやなって。

全員:(爆笑)

KODAI:オイオイオイ〜(笑)。

YUYA:確かに、この人こんなこと書くんやっていうのは面白いよな。

JUKIYA:はい、僕にはない引き出しでした。

全員:(笑)

SHOTA:僕は『Attention Please』の「厨二病 笑」っていうところですね。この曲の色んなところで“うわ、すごっ!”って思うフレーズがあるんですけど、この言葉をリリーックで入れてくるってすごいなって特に思いました。だから2バース目に入った瞬間からこのフレーズ早く言いたくてたまらないです僕。

YUYA:ふざけてデカいこと言ってるけど、それだけじゃなくてガチやぞっていうようなことも言ってるからいいよね。「厨二病 笑」を最後に持ってくるこの夢オチ感みたいな。この曲を作ってくれているのは僕らの曲をインディーズ時代から手がけてくれている佐伯公介さんで、アーティストとしても活動している人なんです。


──天才的ですよね。

YUYA:面白いですね、言葉のチョイスが。でもしっかり韻も固く踏んでて。

T-MAX:毎回曲来るのが楽しみです。


──ありがとうございました。では、最後になりますが再度アルバムのプッシュとインタビューを見てくれた皆さんへの一言をお願いします!

KODAI:はい!僕ら10月4日に『XTIME』をリリースさせていただくんですが、今回のミニアルバムは歌詞の内容もしっかり伝えたいことが詰まりに詰まっているので、それも見ていただいて、X4の曲に触れていただいて、それを生で聴きに来て欲しいし、会いに来て頂けたらなと思います。このミニアルバムをきっかけにX4の事を好きになって頂けたらなと思っておりますので、是非みなさん!騙されたと思って!チェックしていただければと思います!よろしくお願いします!

全員:お願いします!



Photo 片山拓


プレゼント応募について


Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
①UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

【応募締め切り】
10/22 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

TOPICS

ランキング

ジャンル