【インタビュー】『月と雷』高良健吾 ヘビーな役は「キツくて嫌だった…」デビューから20代前半の苦悩を告白
【インタビュー】『月と雷』高良健吾 ヘビーな役は「キツくて嫌だった…」デビューから20代前半の苦悩を告白
俳優・高良健吾。17歳で役者として表舞台に立って以来、映画『蛇にピアス』(08)での入れ墨、スプリットタン、顔面ピアスというトリッキーなビジュアルで挑んだ、狂気を秘めた青年役、『軽蔑』(11)での欲…

 俳優・高良健吾。17歳で役者として表舞台に立って以来、映画『蛇にピアス』(08)での入れ墨、スプリットタン、顔面ピアスというトリッキーなビジュアルで挑んだ、狂気を秘めた青年役、『軽蔑』(11)での欲望のままに生きるチンピラ役、ドラマ「罪と罰」(12)での崇高な目的のために殺人を犯す主人公など、ダークサイドを持つヘビーなキャラクターを演じることが多かった彼に、「クール」「ミステリアス」「暗い」というイメージを持つ人は多いだろう。

 そんなイメージが定着したデビューから20代前半を振り返り、高良は「キツくて嫌だった」と本音を漏らすと共に、30歳を迎えようとしている今の心境を吐露した。

 「何かを抱えているような役が多いし、自分に対して周りがそういうイメージを持っていると思っています」と、時折笑みを浮かべながら、落ち着いた雰囲気と静かな口調で自己分析する高良は、自分が役を選んでいるわけではないことも説明すると、「10代後半から20代前半は、自殺する、殺す、犯すとか、そういうしんどい役が多くて、キツくて嫌だった」と本心を明かした。

 「自分の中の何かが侵略されるとか、役に引きずられるとかいうわけではないし、こんな考え方や生き方があるんだとも思うけど、役者としてのテクニックがないのに気持ちを入れることが難しかった」のだという。

 しかし、近年は映画『横道世之介』(13)、ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16)などでの「穏やかで優しい、いい役」が増えてきたことを「うれしい」と素直に喜ぶと、今年30代になることで訪れるであろう自身の“変化”に胸を膨らませ、「格好いいと思う先輩たちは、年に合わせて自分を成長させ、表現力を増やしているので、自分もいいふうに変わりたいし、変わらないといけないと思います」と言葉に力を込めた。

(更新日:2017年10月5日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME