top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

読売巨人軍、無観客試合で「非紳士的ヤジ」が丸聞こえ!

SmartFLASH

 

 6月19日に始まった開幕シリーズ、西武-日本ハム戦でのこと。日ハムの有原航平(27)の投球に、球審の判定はストライク。その瞬間、西武ベンチからの「オイ、高けえだろ!」とのヤジが球場内に響き渡った。「ふだん、こんな声を出すんですね。球審もプレッシャーですね」と、実況アナは驚きを隠せなかった。

 

 

 6月21日の巨人-阪神戦。巨人の小林誠司(31)が2連続死球を受ける。すると、巨人ベンチからは「舐めてんのか! やり返したろか!」と、「球界の紳士たれ」をモットーとする球団とは思えないヤジが。無観客試合だからこそ、ふだんは “聞こえないはずの声” が、筒抜けになっているのだ。

広告の後にも続きます

 

「ただ、あまりヤジりつづけると、報復が怖いのも事実。そんなとき役立つのがマスク。これをつけてヤジると、誰が言っているかわかりませんから(笑)」(スポーツ紙デスク)

 

 ベンチ内ではマスク着用が基本だが、つけているのは監督以下スタッフばかりのなか、つけている選手は、“ヤジ将軍” の役割を担っているらしい。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル