top_line

<Wコラム>BTS(防弾少年団)の「世界が恋するBTSが見つめる未来」インタビューを紐解く

ワウコリア


先日、日本オリジナル楽曲「Stay Gold」を公開したBTS(防弾少年団)。コロナウィルス感染拡大の影響によりキャンセルされたイベントやライブの代わりに、1曲の音楽を届けてくれた。

プロモーションとして登場した「VOGUE JAPAN」8月号は、発売前からインターネット予約分が完売。発売当日も店頭売り切れが相次ぐなど、BTSの相変らずの人気を証明し続けている。

今回はその「VOGUE JAPAN」でBTSが語ったインタビュー内容や、印象的だった言葉をネタバレにならない程度にピックアップ。

インタビューのテーマは、「世界が恋するBTSが見つめる未来」。

最初の質問は、今月のVOGUEのテーマでもある「luxury」。それぞれが「luxury」とは何かについて答えている。その内容は個性が溢れていたが、一方、「luxury」と聞いて、金銭的な返答を言う人が誰もいなかったことに驚いた。

全員のアンサーは掲載されていないが、BTSにとっての「luxury」とは、体験を通じ、人間とつながるというような、精神的・資産的な価値を意味すると知った。とても深い人間性を証明していると感じた。

次に、世界進出について感じたこと、日本アルバムに寄せる思いなどを話す。

JUNG KOOKが自身のプロデュースした曲について答えている。

今回、とくに心を揺さぶられた質問内容はインタビュー後半、コロナウィルス感染拡大という、予期せぬ事態に向き合って感じたことを語った部分。印象的だったメンバーのコメントを一部簡略化してご紹介。

「これまで当然だと思っていたことを新しく感じるようになった。仕事に臨めることの大切さを強く感じ、もっと満喫しようとするはずだ。」(SUGA)

「仕事が人生においてとても大切な原動力だと気付かされた。」(J-HOPE)

そのあとの質問で、記憶に残っているアーティストとしてのターニングポイントについても改めて答えており、JIMINが「I NEED U」、JINが「FIRE」を上げている。

そして最後に、インタビューのテーマである「BTSが見つめる未来」について。5年後、10年後、どんな世界を想像しているかという質問に答えた。

「世界が変わっていると思うが、変わらず一緒に過ごすことが出来るなら、それ以上望むものはない」(JIN)

「ARMYと一緒に年を重ねたい」(V)

そして、RMが今後にBTSとしての大きな目標を語った。

今、世界が変わりゆく中で、手探りながらも前に進み、いつもファンと共に歩み続けようとするBTSの、現在のありのままの言葉を読むことができた。

VOGUEという世界トップのファッション誌なこともあり、そのスタイリングやビジュアルも抜群。ぜひチェックしてほしい。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル