top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広瀬すずがスピッツの新曲「歌ウサギ」を口ずさみながら“初恋”をたどる 映画『先生!』撮りおろしスペシャルショートムービー

SPICE

10月28日(土)公開の映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』から、スピッツによる同作の主題歌「歌ウサギ」に乗せた撮りおろしスペシャルムービーが公開された。

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は河原和音原作によるコミック『先生!』の実写映画化作品。原作は、7年間に渡って『別冊マーガレット』(集英社)で長期連載され、累計発行部数570万部を超えるヒットコミックだ。『僕等がいた』以来、5年ぶりとなる恋愛映画への出演を果たす生田斗真と、広瀬すずが初共演を果たす作品でもある。劇中では、純粋で不器用な17歳の響(広瀬すず)が、ぶっきらぼうだが生徒思いの教師・伊藤(生田斗真)に抱く淡い初恋を描く。


解禁されたスペシャルムービーは、スピッツが『先生! 、、、好きになってもいいですか?』のために書き下ろした主題歌「歌ウサギ」を聴いて、三木監督が「この曲の世界観を映像化したい!」と希望したことから実現。映画の主題歌から、さらに新たな物語を綴る完全撮りおろしの作品が完成した。スペシャルムービーで描かれれるのは、映画『先生!』で描かれる物語のその後。高校を卒業したあとの響の姿を、映画本編と同じく広瀬すずが演じている。


スピッツ




(C)2017 映画「先生!」製作委員会



広告の後にも続きます


映画では高校二年生だった響が、高校を卒業して少し大人に成長して登場。イヤホンから流れる「歌ウサギ」を口ずさみ、母校の教室、廊下、そして海辺などの想い出の場所をめぐりつつ、映画で描かれた初恋の想い出をたどっていく。学校の廊下や授業を受けた教室、窓際の席など、生田演じる伊藤先生との思い出をたどる響の姿は、映画『先生!』を観た後にも振り返って観たくなるかもしれない。また、響が聴くカセットに主題歌「歌ウサギ」のタイトルが刻まれているなど、随所にこだりのあるショートムービーに仕上がっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル