top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』マサチューセッツで描かれた「女性の在り方」とは?

goo映画

執筆:Avanti Plus

ルイーザ・メイ・オルコットが1868年に出版した名作「若草物語」。4部作からなるシリーズだが、多くの方が1作目、マーチ家4姉妹の少女時代の物語を読むにとどまっているとすればもったいない。「若草物語」はある女性の生涯を追った物語なのだ。本作『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、そんな物語に現代的な視点を組み入れている。

マーチ家の4姉妹。左から長女メグ(エマ・ワトソン)、次女ジョー(シアーシャ・ローナン)、四女エイミー(フローレンス・ピュー)、三女ベス(エリザ・スカンレン)

本作で描かれているのは、1933年のジョージ・キューカー監督版、1949年のマーヴィン・ルロイ監督版、1994年のジリアン・アームストロング版同様、1作目から姉妹が結婚や生き方に悩みながら人生の決断をする2作目「続 若草物語」までとなる。

マサチューセッツと2つの「家」が示すもの

舞台は19世紀、米マサチューセッツ州コンコードに建つオーチャードハウス。父が南北戦争に従軍牧師として出征したため、家を守る母と4姉妹は、貧しいながらも想像力で日々を楽しみ、他人を思いやって生きている。

広告の後にも続きます

女優になる夢を諦めて結婚する長女メグ(エマ・ワトソン)、小説家になろうとする次女ジョー(シアーシャ・ローナン)、優しく病弱だがピアノの才能を持つ三女ベス(エリザ・スカンレン)、画家を目指しパリに留学する要領のいい四女エイミー(フローレンス・ピュー)のマーチ家の4姉妹を、ジョーを核に描く。

1650年頃に建てられたオーチャードハウスはいまも健在。現在は、国定歴史建造物だ。だから、撮影で使われたのは撮影用のセット。セットの装飾を担当するアダム・ロフマンは、美術監督のジェス・ゴンコールらとオーチャードハウスに通い、約9カ月かけてすべての装飾品を用意し、生活の空気を醸した。

実際のオーチャードハウス (c) zrfphoto/depositphotos

セットが建てられたのはもちろんマサチューセッツ。そこが重要だった。オルコット家が実際に住み、1868年に「若草物語」が書かれたオーチャードハウスは、宗教の自由、民主主義、平等などオルコット家と当時のマサチューセッツが抱えていた問題を表現するものでもあったから。「これはルイーザ・メイ・オルコットについての映画でもあり、彼女の人生はここにあった。その土地で撮ることが必要でした」とプロデューサーのエイミー・パスカルは語っている。

映画では、そのオーチャードハウスの向かいに、次女ジョーへの恋心を隠し、友人としてふるまうローリー(ティモシー・シャラメ)の住む資産家のローレンス邸がある。ローレンス邸とマーチ家の間には、自立して生きることを望むジョーと、それを理解するからこそ気持ちを伝えられないローリーの恋と、ピアノを介して気遣いあう主ローレンスとベスの思いやりという心が静かに行き来している。

だが、実際はオーチャードハウスから約16キロ離れたウォルサムにあるライマンエステートで撮影された。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル