top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ワンピースから鬼滅まで!みんな大好き!人気ジャンプコミック傑作選

エンタメウィーク(マンガ)

ワンピースから鬼滅まで!みんな大好き!人気ジャンプコミック傑作選

子どもから大人まで幅広い世代に支持されている漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」。現在コミック売上のトップを走る鬼滅の刃、ワンピースをはじめ、連載が終了したナルト、ブリーチなど未だ色褪せない名作がたくさんある。今回は、そんな世代を超えて愛されている人気漫画10作品を紹介する。どの作品も心を惹きつけられ、気づいたらどハマりしてしまうこと間違いない!さあ、さっそくどんな内容の漫画なのか一緒に見てみよう。


驚異的大ヒット漫画!日本一”慈しい”鬼退治「鬼滅の刃」

画像名

【あらすじ】
舞台は、大正時代の日本。炭を売る心優しい少年・炭治郎(たんじろう)はある日、「鬼」と呼ばれる敵に家族を皆殺しにされた。唯一生き残った鬼と化した妹・禰豆子を人間に戻すため、また鬼を討つために奮闘する姿を描いた和風剣戟奇譚!

【おすすめポイント】
2016年から週刊少年ジャンプで連載が開始されて以来、社会現象化している超大人気作。アニメ化されてからはより一層盛り上がり、その波に乗って、筆者もどハマりした人のひとりだ。

この作品のポイントはなんといっても、主人公・炭治郎の優しさ。鬼化した妹を人間に戻したいという気持ちのほかにも、人間を何人も殺している鬼に対しても慈悲に満ちている。また、「柱」と呼ばれる強い剣士たち(6巻から登場)の多才なキャラ設定もとても魅力的。性格や髪型、刀の形状などが多種多様で自分の好きな”推し”を見つけて楽しめるのも人気のポイント。

主人公たちと鬼との戦闘シーンがほかの作品と比べて、サクサク進んでいくところが読みやすくていい!本誌では惜しまれつつも完結し、正直寂しい。技の種類や名前も独特で、読み進むたびに「鬼滅の刃」の世界観にどんどんハマっていくこと間違いなし!これは絶対読んでほしい作品!

kindleマンガを購入する

世界中で大人気!迫力満点のバトルアクションが熱い忍者マンガ「NARUTO―ナルト―」

画像名

【あらすじ】
忍びの里・木の葉隠れに暮らす、忍術が大の苦手な少年・うずまきナルトが主人公。過去に里を襲った尾獣・九尾が体内に封印されていて、周りから忌み嫌われている。そんな里の皆から認められるため、里一番の忍・火影を目指すため、仲間たちと様々な試練を乗り越えていく物語。

【おすすめポイント】
国内外問わずたくさんの人々に愛されている名作。第一部・少年編と第二部・青年編に分かれていて、落ちこぼれだったナルトが強くたくましく成長してく姿が描かれている、王道少年漫画だ。

多重影分身の術をはじめとした多彩な忍術はもちろん、個性的なキャラクター、そして尾獣と、魅力溢れる要素がたくさん!中でも、術を駆使して敵と戦うシーンは、ハラハラドキドキする。次はどんな展開が待っているのか、時間を忘れて読み進んでしまうほど見ていて楽しい。また、ナルトの真っ直ぐな性格、諦めない心もこの作品に惹かれる部分といえるだろう。

友達の裏切り、復讐、そして家族との絆などが含まれた重層的なストーリーに涙なくしては見られない。本誌は完結し、巻数も多いがこれはぜひ一気読みしたい作品だ。

kindleマンガを購入する

国民的大人気漫画!読めば読むほどハマる海洋冒険ロマン「ONE PIECE」

画像名

【あらすじ】
舞台は、大海賊時代。“海賊王”と呼ばれた伝説の男、ゴールド・ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝」をめぐり、幾多の海賊たちが争っていた。小さな村に住む少年・ルフィもそんな海賊に憧れを抱き、お宝を探すため、仲間たちとともに海賊王を目指し冒険へと旅立つ!

【おすすめポイント】
1997年から週刊少年ジャンプで連載されている長寿漫画。2020年の今もなお、根強いファンが多い国民的大ヒット作品だ。

連載当初から海賊×悪魔の実、という想像もつかないような内容で筆者も釘付けにされた。主人公であるルフィの海賊団にどんどん仲間が増えていくときは、その都度細かいストーリーが描かれていて涙なくしては見られない。特にロビン(41巻あたり)のときは、何度も見返したほど大好きなところ。

他に、”悪魔の実”の能力を使った戦闘シーンや、何気ない日常を切り取った船内での過ごし方も見ていて面白い。物語が進むにつれてもうすぐ終わるのではないかと思い、正直寂しい。数えきれないほどの名シーン・名言もたくさんあるから、みんなと共有して盛り上がれるところもこの作品の魅力のひとつだ。

kindleマンガを購入する

世代問わず人気!頭脳戦・心理戦が奥深い冒険バトル漫画「HUNTER×HUNTER」

画像名

【あらすじ】
くじら島に住む少年・ゴン=フリークスは、幼いころ森でキツネグマに襲われているところをハンターである青年・カイトに助けられた。この時、死んだと思っていた父親・ジン=フリークスが生きていること、そして優秀なハンターとして活躍していることを知る。これをきっかけにハンターになるべく、試験会場へと旅立つ。

【おすすめポイント】
連載は不定期だが、掲載されるとネットニュースになるほどとても人気がある作品。

念能力を使ったバトルシーンはもちろん、頭脳戦・心理戦がとても奥深く、子どもから大人まで世代問わず楽しめる内容になっている。中でも、カード(魔法)を駆使して敵と戦うグリードアイランド編は大好きなストーリーのひとつ。ゴンの仲間である、キルアやクラピカなども個性があって魅力的だが、ヒソカやクロロといった圧倒的強さを持つ敵キャラも人気があるポイントだ。

また、単行本に隠された作者からのメッセージや伏線などを探すのも楽しい!その分、ページに対して文字が多かったりするが、それも含めてこの作品の魅力でもある。読めばこの世界観にどんどん惹き込まれていくだけでなく、誰でも一度は念能力を使ってみたくなるはず!

kindleマンガを購入する

全人類が石化!科学力で文明を取り戻していくアドベンチャー漫画「Dr.STONE」

画像名

【あらすじ】
ある日、全人類が謎の怪現象に襲われ一瞬にして石化してしまった。約3700年後、超人的な頭脳を持つ科学少年・千空(せんくう)が奇跡的に目覚め、人類が滅んだと思われる石の世界(ストーンワールド)を科学の力で再建させていく。

【おすすめポイント】
まず、初めて読んだ時の衝撃がすごい。いきなり全人類が石化、というとても斬新な設定で始まった。次の展開が気になり、どんどんページを読み進めていってしまう。しかも、このゼロ文明になってしまった世界を元に戻すために”科学”を使って試練に立ち向かう、というのだからワクワク感が止まらない。

実際に作中では、鉄や猫じゃらしラーメン、電気などを発明している。物を作るために必要な材料集めをするところも見所のひとつだ。見ていて楽しいのはもちろん、「鉄はこうやってできているのか」と勉強にもなる。現代がいかにして科学文明の恩恵を受けて暮らしているのかと考えさせられる作品だ。子どもから大人まで幅広い世代で楽しめること間違いなし、これはぜひ読んでほしい。

kindleマンガを購入する

世界中で大ヒット!ヒーローたちが熱く戦う王道少年漫画「僕のヒーローアカデミア」

画像名

【あらすじ】
世界中の約8割の人間が超常能力”個性”を持っている超人社会が舞台。そこでは”個性”を悪用する敵(ヴィラン)が存在し、それを取り締まるヒーローたちが人々から讃えられていた。そんな中、何の能力も持たない”無個性”の少年・出久(いずく)は、憧れのヒーローになるため難関といわれている高校へと進学し、最高のヒーローを目指す。

【おすすめポイント】
主人公がヒーローを目指し成長していく姿を描いた王道少年漫画。

この作品の魅力はやはり”個性”だろう。強靭な尻尾が生えている「尻尾」、高く飛べたり壁に張り付いたりできる「蛙」、動物や昆虫などを操ることができる「生き物ボイス」など、ヒロアカならではの独特な能力ばかりだから見ていて楽しい。キャラクターの名前が”個性”と関連付けられているところも面白い。

その中でも、半冷半燃の”個性”を持つ轟(とどろき)はお気に入りのキャラのひとり。その名の通り、体の左半身で燃やし、右半身で凍らすことができる。能力を二つ持っているのはずるいが、これがまたかっこいい。キャラ設定が詳細に組まれているから、自ずと好きなキャラが出来てくるのもハマるポイントだ。また、出久と幼馴染でありライバルでもある爆豪(ばくごう)との関係性にも目が離せない!

kindleマンガを購入する

アニメや映画でも大人気!死神になって悪霊を倒す王道バトル漫画「BLEACH」

画像名

【あらすじ】
人より霊感が強い高校生・黒崎一護(くろさきいちご)は、”死神”と名乗る少女・朽木(くちき)ルキアと出会う。人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)を倒すため、一護は”死神”となり、仲間たちとともに様々な試練に立ち向かっていく。

【おすすめポイント】
2001年から連載が開始され、アニメや映画などでも大人気の王道バトル漫画。

主人公が死神となり悪霊を倒していく、という設定が面白くて読み進めていったが、10巻あたりから登場する” 護廷十三隊”には特に惹きつけられた。各部隊の隊長たちから、ただならぬオーラが出ているような気がして見ているだけでドキドキした。中でも、三番隊隊長・市丸ギンは何を考えているのかわからなくてなんだか怖い。主人公たちだけでなく、敵キャラも個性豊かで魅力たっぷりだから、そこも注目して読むとより楽しめると思う。

物語の後半には、圧倒的な強さを持つ敵キャラも登場して、次はどんな展開が待っているのか気になって仕方がない!物語は完結しているので、感動のクライマックスまで一気読みがおススメ!

kindleマンガを購入する

大人気バトル漫画!ド派手な戦闘シーンがアツい「幽★遊★白書」

画像名

【あらすじ】
皿屋敷中学に通う不良少年・浦飯幽助(うらめしゆうすけ)は、ある日道路に飛び出した子供を助けようとして命を落としてしまう。幽霊となった幽助は生き返るために様々な試練を受けることとなり、霊界案内人のぼたんとともに、霊体として幾つかの事件を解決していく。

【おすすめポイント】
1994年に週刊少年ジャンプで連載終了した今もなお、多くのファンがいる人気漫画。

作品は、全19巻と短すぎず長すぎないちょうどいい巻数だからぜひ一気に読んでほしい。特に好きなストーリーは暗黒武術会編だ。主人公たちの強さはもちろん、敵キャラも個性的でかっこいい。迫力満点の戦闘シーンのほかにも、敵なのになぜか打ち解けてしまう幽助らしい一面も見られて面白い。ここで登場する、戸愚呂弟(とぐろおとうと)が強すぎて度肝を抜かれた。筋肉を操作して格闘能力を20%、30%と上げることができるのだが100%になったときは……、もう幽助は勝てないと絶望してしまったほど(笑)。そしてそんな戸愚呂弟にも複雑な過去があり、読めば読むほどどんどんこの世界観に惹き込まれるというのは冨樫ワールドそのもの。

何度見返してもページをめくる手が止まらない、おすすめの作品だ。

kindleマンガを購入する

アニメや劇場版でも大ヒット!キャラと剣劇アクションに魅了される時代劇漫画「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」

画像名

【あらすじ】
舞台は、明治時代の日本。かつて「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客・緋村剣心は、明治維新後「不殺」(ころさず)を誓い、人を斬ることができない“逆刃刀”を手に全国を旅していた。そしてある女剣士と出会い、激動の時代を生き抜いてきた宿敵たちとの戦いを通じて、自らの生き方を模索していく。

【おすすめポイント】
アニメ・映画化された大ヒット作品。劇場版ではシリーズ化され、連載終了した今もなお絶大な人気を誇る。

普段は優しい顔立ちをしている剣心だが、戦いとなると鬼気迫る表情を見せ、そのギャップにまず惹かれた。そして何より様々な流派がある中、最強剣術の流派・飛天御剣流が素直にかっこいいし、強すぎる!それに敵対する御庭番衆や志々雄一派たちの強さ、壮絶な過去にも注目してほしい。

同じ時代を生き抜いてきた仲間、敵…、皆それぞれの強い信念を持っているから悪役なのについ応援したくなってしまう。本誌は一度完結し、最近になって続編が連載されていて一ファンとしてはとても嬉しい。ストーリーもキャラも魅力的だから、時代劇が苦手な人でも気軽に楽しめると思う。

kindleマンガを購入する

日本のみならず世界中で大人気!世代を超えて愛される王道バトル漫画「DRAGON BALL」

画像名

【あらすじ】
ある日、地球の人里離れた山奥に住む尻尾の生えた少年・孫悟空(そんごくう)は、都会からやってきた少女・ブルマと出会う。そして“ドラゴンボール”という名前の球を7つ集めるとどんな願い事も一つだけ叶えてくれる、ということを知り、ブルマとともにすべてのドラゴンボールを集める旅へと出る。そんな旅の中で様々な仲間、敵と出会い、悟空が成長していく物語。

【おすすめポイント】
1984年の連載開始以来、世代を超えて愛されている国民的大ヒット漫画。ドラゴンボールといえば、知らない人はいないと言えるほど知名度、人気度が高い作品である。何が魅力かというと、ド派手な戦闘シーンはもちろんだが、個性的なキャラクターたち、そしてなんといっても仲間、敵を含めた変身がかっこよすぎる。

宿敵フリーザと対峙し、もうダメかも……というラストに、金色のスーパーサイヤ人になったときは鳥肌がたった。まさに少年漫画の王道であり、宇宙全体を舞台にしたスケールの大きさは後にも先にもない唯一無二の傑作といえる。

本作はマンガの枠を超えてアニメや映画でもシリーズ化されているが、今では「強い主人公」の代表ともいえる孫悟空がどうしてここまで強くなれたのか?その原点を探れるコミックはやっぱり何度読んでも楽しいしワクワクするものだ。

kindleマンガを購入する

ジャンプ好きなら知らない人はいないと言えるほど名作揃い。友情、努力、勝利がテーマになっていて、どの作品も涙なしでは見られなかった。90年代の漫画から現在連載中のものまで、幅広く選んでみたがやはりどれも最高の作品ばかり。もう一度読み返してストーリーを楽しむもよし、伏線を探すもよし。もしかすると、見落としていた事実があるかも!?

TOPICS

ランキング(マンガ)

ジャンル