top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

どっちが本業か分からない!? 極めすぎた趣味・特技をもつ芸能人たち

D2CSOL

どっちが本業か分からない!? 極めすぎた趣味・特技をもつ芸能人たち(C)D2CSOL 個性的な人たちが集まる芸能界では、これまた個性的な趣味・特技をもつ人も多く存在します。なかには、熱中するあまり本業とは別に活躍する人も……。

そこで、今回は極めすぎてしまった趣味や特技をもつ芸能人たちを、おもしろエピソードとともに紹介していきます。

土屋太鳳はダンサー、さかなクンはバスサックス奏者!

映画やドラマなど数多くの作品に出演し、女優として大活躍する土屋太鳳。見かけない日はないほどひっぱりだこの彼女ですが、実は日本女子体育大学で舞踏学を専攻している現役の女子大生でもあるのです。

幼少の頃から日本舞踊とクラシックバレエを嗜んでいた土屋ですが、昨年には覆面で活動するオーストラリアの歌手・シーアの楽曲アライヴで、日本版ミュージックビデオ(以下MV)にダンサーとして全編に出演。コンテンポラリーダンスを初披露していました。

日本人男性として初めて「シルク・ドゥ・ソレイユ」に出演を果たした世界的ダンサーであり、振り付けを担当した辻本知彦は、圧倒的なパフォーマンスで曲の世界観を体現した土屋のダンスを「恐ろしいほどの変貌と表現力」と大絶賛していたそう。その確かな表現力は、演技だけでなくダンスでもいかんなく発揮されていたようです。

また、魚に底なしの愛情を注ぐタレントのさかなクンも、実は吹奏楽器奏者というアーティストとしての一面をもっています。

中学校の頃、すでに魚好きだったさかなクンは、吹奏楽部を水槽がある部活と勘違いして入部。それ以来、音楽や楽器にのめり込んでいったそう。そして、去年にはアルコール飲料のCMで、人気スカバンド・東京スカパラダイスオーケストラ(以下スカパラ)と、バスサックスプレーヤーとしてコラボを果たしました。

CMではいつもの白衣を脱ぎ捨てて、黒いスーツ姿で颯爽と楽器を演奏していたさかなクンの姿を覚えている人もいるのでは? 吹奏楽を習いだした頃からの憧れだったスカパラと共演できたことに、感動もひとしおだったそうです。

天体観測に昆虫まで、自然を愛しすぎる芸能人たち

1990年代後半にど派手なファッションとメイクで一斉を風靡した篠原ともえは、多彩な趣味をもっている芸能人の1人。その中で、ちょっと意外な趣味が天体観測です。

幼少の頃から星空に興味をもっていた篠原は、高校時代には天文学部に所属。第一回宇宙天文検定3級(星空博士)、星空準ソムリエなどの資格を取得するなど、豊富な星の知識の持ち主です。天文に関するラジオのパーソナリティや、プラネタリウムの解説などの活動も行っています。

こうした活動が認められ、2014年には自身の名前を冠した「小惑星Shinohara」が国際天文学連合によって学術名として正式認定されました。自分の名前の星があるなんて驚きですね。

また、芸能界には虫を愛する俳優たちが多くいます。
俳優の哀川翔は大のカブトムシ好きとして有名ですが、近年ではその愛が高じてブリーダーとしても活動しているのだとか。飼育セットのプロデュースを行うなどの徹底したこだわりぶりです。

同じく俳優の香川照之も大の昆虫好きとして知られています。昆虫番組をやりたいという本人の熱望により、Eテレで自身の名前がついた冠番組が3回に渡って放送されています。日本を代表する名俳優が野原を駆けずり回りながら虫取りをし、一喜一憂する姿が大きな話題となっていました。

一度ハマるととことん突き詰めていく芸能人たち。その情熱が、浮き沈みの激しい芸能界で生き抜いていく原動力となっているのかもしれませんね。

(文/玉手葉子@H14)

TOPICS

ランキング

ジャンル