top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

手越祐也 退所会見で2時間熱弁も…指摘された“矛盾の数々”

女性自身

手越祐也 退所会見で2時間熱弁も…指摘された“矛盾の数々”

ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が、6月23日に会見を開いた。およそ2時間にわたって行われた会見はYouTubeでも配信され、最大130万人以上が視聴した。

 

明朗に話を進めた手越は、会見のなかで「ジャニーズ事務所、NEWS、NEWSのファンのことが心から大好き」「4人でSTORYを完成させたかった」「円満に退社した」といった言葉を繰り返していた。またメンバーの増田貴久(33)、加藤シゲアキ(32)、小山慶一郎(36)を「戦友」とも称した。

 

今後のビジョンとして、Twitter以外のSNS開設やYouTuber、ボランティアなど豊富に掲げた手越。だが退所に至るまでに取った行動と、会見内の発言が「矛盾している」という指摘があがっている。

広告の後にも続きます

 

冒頭で「今年の3月に退所を決めていた」と明かした手越は、退社する時期について「ツアーやり遂げてから」と思いを強調していた。4部作ツアーの締めくくりとなる『STORY』は、3月7日から予定されていた。だが新型コロナウイルスによって、ツアーの延期が発表されたのは2月下旬。6月28日まで振替公演が決まっていたが、中止が正式発表されたのは手越が退所後の6月22日だ。

 

また事務所とは今年3月に、来年3月までの延長契約をしていたとも判明。実質、退所が前倒しとなった形だ。

 

緊急事態宣言中に外出を繰り返したことは、「将来の準備のため」として“不要不急”を否定した手越。さらに大事な会議はテレビ電話などではなく、対面が必須だとも力説していた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル