top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

手越祐也 退所会見で2時間熱弁も…指摘された“矛盾の数々”

女性自身

手越祐也 退所会見で2時間熱弁も…指摘された“矛盾の数々”

ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が、6月23日に会見を開いた。およそ2時間にわたって行われた会見はYouTubeでも配信され、最大130万人以上が視聴した。

 

明朗に話を進めた手越は、会見のなかで「ジャニーズ事務所、NEWS、NEWSのファンのことが心から大好き」「4人でSTORYを完成させたかった」「円満に退社した」といった言葉を繰り返していた。またメンバーの増田貴久(33)、加藤シゲアキ(32)、小山慶一郎(36)を「戦友」とも称した。

 

今後のビジョンとして、Twitter以外のSNS開設やYouTuber、ボランティアなど豊富に掲げた手越。だが退所に至るまでに取った行動と、会見内の発言が「矛盾している」という指摘があがっている。

 

冒頭で「今年の3月に退所を決めていた」と明かした手越は、退社する時期について「ツアーやり遂げてから」と思いを強調していた。4部作ツアーの締めくくりとなる『STORY』は、3月7日から予定されていた。だが新型コロナウイルスによって、ツアーの延期が発表されたのは2月下旬。6月28日まで振替公演が決まっていたが、中止が正式発表されたのは手越が退所後の6月22日だ。

 

また事務所とは今年3月に、来年3月までの延長契約をしていたとも判明。実質、退所が前倒しとなった形だ。

 

緊急事態宣言中に外出を繰り返したことは、「将来の準備のため」として“不要不急”を否定した手越。さらに大事な会議はテレビ電話などではなく、対面が必須だとも力説していた。

 

“手越キャバクラ”と報じられた飲み会についても、「医療従事者としてボランティアや人命救助に携わる」重要な会合だったとのこと。医療従事者の先生が女性を同席させることになり、手越も女性を伴ったという。

 

いっぽう手越はステイホームを守らなかったことになるが、女性を選んだ基準については「ステイホーム期間にしっかりと家にいた人」「コロナウイルスをうつされてもめんどくさいので、ちゃんと家にいたっていうのを確認した女性」と述べたのだ。

 

他にも「一家の大黒柱として、扶養に入れている母親や家族を食べさせていかないといけない」と、行動の正当性を主張していた手越。だが記者から「退所後もレギュラー番組に出演継続とならなかったのは?」と問われると、「レギュラーで出ていた番組は、個人で出演できるならノーギャラでも出たい」「NEWSもそうだけど、いっさいお金のためにやることではない」と語っていた。

 

多弁に語った手越だが、会見を見守っていた視聴者からはこんな声が上がっている。

 

《手越くんの記者会見観て、頭に? がいっぱいなんだけど そんなにNEWSが好きだって言うなら、コンサートを完結させてからの退所で良かったのでは? 今後の事を話し合う為に外出した? 緊急事態宣言の最中に??? 医療従事者と??? 何か矛盾が多くない? 結局一番好きなのは自分なんじゃないの?》

 

《手越が「人の命を救いたい。人の役に立ちたい」など言っていたが、目と目を合わして話したいとかいう自分勝手な理由で外出自粛破ったやつに人の命なんて救えへんで》

 

《家族を養うためって言ったのにノーギャラでも出たいの? 矛盾》

 

最後はお決まりの“ティッ!”で締めくくった手越。豊富なビジョンをどのように実現させていくのだろうか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル