top_line

奇跡の深海魚「リュウグウノツカイ」のルックスはやっぱ凄い

カラパイア

800px-Mekongnaga

 リュウグウノツカイの画像が海外サイトにて特集されていた。

 リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)は、アカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の1種で、陸から離れた外洋の深海に住み、人前に姿を現すことは滅多にないという。

 実際に生きて泳いでいる姿を撮影した映像記録は非常に乏しく、生態についてはほとんどわかっていない。 
ソース:Чудо-рыба : НОВОСТИ В ФОТОГРАФИЯХ 
リュウグウノツカイ – Wikipedia
 
 全身が銀白色で、薄灰~薄青色の線条が側線の上下に互い違いに並ぶ。背鰭・胸鰭・腹鰭の鰭条は鮮やかな紅色を呈し、和名である「竜宮の遣い」にふさわしい外見となっている。

 全長は3mほどであることが多いが、最大では11m、体重272kgに達した個体が報告されており、硬骨魚類の中では世界最長である。 
 
 通常は全身をほとんど直立させた状態で静止しており、移動するときには体を斜めに傾け、長い背鰭を波打たせるようにして泳ぐと考えられている。 
 
1 
 
2 
 
3 
 
 体は左右から押しつぶされたように平たく側扁し、タチウオのように薄く細長い。体高が最も高いのは頭部で、尾端に向かって先細りとなる。下顎がやや前方に突出し、口は斜め上に向かって開く。

 鱗・歯・鰾をもたない。腹鰭の先端はオール状に膨らみ、本種の英名の1つである「Oarfish」の由来となっている。

 この膨らんだ部分には多数の化学受容器が存在することがわかっており、餌生物の存在を探知する機能をもつと考えられている。尾鰭は非常に小さく、臀鰭はもたない。 

 リュウグウノツカイはそのインパクトの強い外見から、西洋諸国におけるシーサーペントなど、世界各地の巨大生物伝説のもとになったと考えられている。

 その存在は古くから知られており、ヨーロッパでは「ニシンの王(King of Herrings)」と呼ばれ、漁の成否を占う前兆と位置付けられていた。

 属名の Regalecus もこの伝承に由来し、ラテン語の「regalis (王)」と「alex (ニシン)」を合わせたものとなっている。日本では和名の通り龍宮伝説の一部として、あるいは人魚として伝えられた。 
 
 日本で売られていたという情報をいただいたんだけど本当なのかな? 
36823 
image by:d.hatena.ne.jp/tgx1800/Flicker 
 
伝説のリュウグウノツカイ 
 
 
九十九島水族館にいたという生きたリュウグウノツカイ(コメントより) 
 
 
関連記事: 
全長3.4メートルの『巨大イカ』、19匹にも及ぶ『リュウグウノツカイ』、次々と日本に漂流する深海魚、深まる謎 
 
 
災いを呼ぶ怪魚の剥製(中国) 
 
 
体長約4メートル、珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」が富山県の海岸に打ち上げられる 
 
 

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル