top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

安室奈美恵はなぜ“伝説”となった?過去発言にみるその理由

女性自身

歌手の安室奈美恵さん(40)が2018年9月16日で引退をすると、公式サイトで発表されました。25周年の節目ということで、長きにわたり計画していたという今回の決断。芸能界からも惜しむ声が寄せられています。

引退を称する言葉として「1つの時代が終わった」「憧れそのもの」「生きる伝説」などなど、彼女を神格化する声が大きく批判的な声は皆無。それはひとえに、一貫したプロ意識が評価されていることに他なりません。

彼女が残したCD売上などの記録が素晴らしいのは当然として、彼女が“伝説”と呼ばれるのには理由があります。それは、他の歌姫と呼ばれる存在やヒットを飛ばし続ける音楽アーティストとは存在感が異なるという点です。

そこで彼女の凄さを改めて考えるべく、25年間の彼女のインタビューや記事などを改めて読み返すことに。彼女が一人の沖縄出身歌手から社会現象を巻き起こす時代のアイコン、そして歌姫へと変貌を遂げた理由を読み解いていきます。

広告の後にも続きます

■ブレない歌手としての生き方

彼女の魅力を女性が語る上で必ず出てくるキーワードは「かっこいい」という賞賛です。それは40歳の今だけでなく、「アムラー」を生み出していた10代も、母となった20代、アーティストと呼ばれる30代でも用いられてきました。

つまりアムロちゃんに寄せられる「かっこいい」という言葉が、容姿だけを指すのではないことは明白(もちろん容姿も美しいのですが)。そこで彼女のかっこよさを追いかけると、「一貫性」というキーワードが浮かんできます。

たとえば彼女のインタビューではアーティストとしての存在意義が語られますが、いつの時代も「歌とダンス」というキーワードをいちばん大切にするようなコメントが出てきます。

「昨年(1995年)の後半は、歌とダンスの仕事ばかりやらせてもらっていたんです。周りのスタッフも、自分の好きなことをやればいいよって言ってくれたから」(Bart 1996年8月号)

「やっぱり一番やりたいことはライブですね。私にとっては歌って踊るっていうのが、すべてなんで。(中略)二つが一緒になって初めて、安室奈美恵って人が完成すると思うので」(BREaTH 2002年10月号)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル