top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

旅の中で少女の成長を描くハートフルストーリー「500ページの夢の束」(2018)

エンタメウィーク(映画)

旅の中で少女の成長を描くハートフルストーリー「500ページの夢の束」(2018)(C)エンタメウィーク(映画) ダコタ・ファニングが自閉症を抱える少女を演じ、ある思いを胸に500ページの脚本を届けるためハリウッドを目指す旅の中で、少しずつ変わっていく少女の姿を描いたハートフルストーリー。自閉症のウェンディは「スター・トレック」が大好きで、自分なりの「スター・トレック」の脚本を書くことが趣味だった。

解説

ダコタ・ファニングが自閉症を抱える少女を演じ、ある思いを胸に500ページの脚本を届けるためハリウッドを目指す旅の中で、少しずつ変わっていく少女の姿を描いたハートフルストーリー。自閉症のウェンディは「スター・トレック」が大好きで、自分なりの「スター・トレック」の脚本を書くことが趣味だった。ある日、「スター・トレック」の脚本コンテストが開かれることを知った彼女は、渾身の一作を書き上げる。しかし、郵送では締め切りに間に合わないことに気づき、愛犬ビートとともにハリウッドを目指して旅に出る。ダコタ・ファニングが主人公ウェンディを演じ、ウェンディを支えるソーシャルワーカーのスコッティ役でトニ・コレット、ウェンディを案じながらも訳あって離れて暮らしている姉オードリー役でアリス・イブが共演。監督は「セッションズ」のベン・リューイン。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

家族LOVEママさんさん ★★★★☆

琴線に触れた良作です。『スター・トレック』が大好きなトレッキー少女の主人公ウェンディは自閉症持ち。日々のルーティン生活の中で、しっかり社会性を高めていく訓練をしながらある日夢への一歩を踏み出します。そこから始まるロードトリップが本作のメインにあたるのですが、色々考えさせられましたね。自閉症の子供って、何か一つの能力に長けていたりと自分の好きなことに対する情熱の掛け方が半端ないのです。そんな時、誰よりも強いパワーを発することができる。本作はまず、彼女自身がその自分のパワーを信じて挑戦したのがとても良いです。そして渡らないと旅に出れな、如何なる理由でも渡ってはいけない信号を渡るといった“自分で状況を判断した意思決定”をし始める。彼女の姉はまだ彼女が自分で色々できないと決め付けているけど、こういった周りの人間の決めつけこそが可能性を狭めているのかもしれません。また、「スター・トレック」って「スター・ウォーズ」より登場キャラクターに多様性を持たせている作品としても有名で、彼女がそのファンであるというのも納得のいく設定でした。ダコタ・ファニングの演技が終始良くて、脱帽です。


「500ページの夢の束」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル