top_line

「4年しかたたなかったことが心残り。続きをやりたい」岡田惠和(脚本)【「ひよっこ」インタビュー】

もっとエンタメ

 9月4日に涙のクランクアップを迎え、ついにゴールが見えてきた連続テレビ小説「ひよっこ」。脚本家・岡田惠和氏による心が温まる優しい物語は徐々に話題を集め、平均視聴率20.1パーセント(4月3日~9月2日)を記録するに至った。そして注目のラスト。いくつもの試練を乗り越え、明るくけなげに人生という名の道を走るヒロインみね子がたどり着いた先に広がる景色とは!? 岡田氏が、脱稿した今も尽きない「ひよっこ」への思いを語った。

-朝ドラの脚本は「ちゅらさん」「おひさま」に次いで3作目でしたが、書き終えたお気持ちは?

 今回が一番大変でした。過去にやったことはアドバンテージにはならないですね。何カ月もこもりっきりでやっていたので、いまだに終わった気がせず、朝起きた時に「あー、寝てしまってすみません…」みたいな後ろめたさの中で生きています(笑)。ただ、現時点での自己ベストは苦しみながらも出せたかな。最初から26週分ではなく156話を書こうと、1話も流さずに書いたので密度の濃いドラマに仕上がったと思います。

-ご自身が指名した有村架純さんのヒロインぶりはいかがでしたか。

 何でもできる人になりましたね。今、最強レベルにいるんじゃないかな。朝ドラは他のドラマと違って常に大先輩に囲まれて緊張するだろうけど、有村さんはそういう時に力を発揮するタイプ。大人とちゃんと芝居のキャッチボールができていて頼もしく、どんなシーンを書いても大丈夫という安心感がありました。

-長丁場故に、当初の予定から変更したエピソードやキャラクターはあったのでしょうか。

 一番違ったのは(劇中の)時間経過が4年(1964~68)しかたたなかったこと。脚本を書く前は70年代頭までいこうと思っていたけど、わりと早めに絶対いかないと分かり、口にしないようにしていました(笑)。本当はもっとやりたいこともあったし、もう少し先まで書きたかったけど、登場人物が多く、その人たちも、演じる俳優も、全員が楽しめるように書いてきたから、これはこれで良かったです。

TOPICS

ランキング

ジャンル