top_line

時子のメッセージに込められた思いとは、「ひよっこ」第24週まとめ読み

music.jp|テレビ・映画

時子のメッセージに込められた思いとは、「ひよっこ」第24週まとめ読み(C)music.jp|テレビ・映画 有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。9月11日(月)〜9月16日(土)朝8時から放送された第24週では、時子がいよいよツイッギーそっくりコンテストに挑んだ。彼女は壇上からのスピーチで、女性に向かって呼びかけた。

求められているのは女性に支持されるスター

ツイッギーそっくりコンテストの開催日が迫っていた。スピーチ内容に悩む助川時子(佐久間由衣)のために、あかね荘作戦会議が、漫画家ふたりを省いて(笑)開かれた。川本世津子(菅野美穂)がコンテストの目的について鋭い分析を披露する。主催は繊維会社。女性人気を獲得するためのアイコンとしての役割をコンテスト出場者に求めている。ならばオジサン方に気に入られるような旧来のやり方ではなく、女性から支持されるような存在を目指すべき。方針は固まった。

永井愛子(和久井映見)の提案で、裏天広場でリハーサルが開かれることになった。ターゲットが女性という理由から、男性陣は観戦かなわず、設営の準備に駆り出されただけで追い出された(笑)

時子はスピーチで世の女性にエールを送る

リハーサルには乙女寮の仲間、高島幸子(小島藤子)、青天目澄子(松本穂香)、兼平豊子(藤野涼子)、実家との関係を修復しつつある牧野由香(島崎遥香)、BAR月時計の店主竹内邦子(白石美帆)、かつて三男をめぐって時子と争った安部さおり(伊藤沙莉)まで駆け付けた。荒木一郎、昭和42年のヒット曲「いとしのマックス」が流れるなか、ピンクのワンピースに身を包んだ時子がさっそうと現れた。彼女は壇上でダンスを披露したあと、観客に向かって力強くアジった。
「日本中の、いや世界中の女の子たち、女性たち、いろいろ大変だよね、女として生きていくのは。でも、女の子の未来は私にまかせて。みんなあたしについてきて」

昭和40年代、日本の女性のライフモデルは「良妻賢母」だった。国は専業主婦のいる家族を優遇する施策を打ち出し、企業もまた追随した。女性が生涯働き続けられるようなポストを用意せず、給与体系も男性とは別にした。女性社員は男性社員の結婚要員に過ぎず、結婚退職が花道とされた。

妻であり母である前に、ひとりの女性、人間である。いまでは常識だが、当時正面切ってそんなことを言える女性は少なかった。時子のメッセージには、そうした閉塞感を打破したいという当時の女性たちの叫びが込められている。

脚本家の岡田惠和さんは、不自由な時代を生き抜いた当時の女性たちにエールを送りたかったのだろう。みね子、時子に限らず、女性陣の生き方に丁寧にスポットライトを当てているのも、そうした意図からだと思う。その代償として、漫画家コンビ、柏木堂親子に代表される男性陣は、ほとんどお笑い要員といった扱いだが(笑)

時子の優勝に、三男泣く

時子はコンテストで優勝を飾った。キャンペーンガールとして全国を回ることになり、あかね荘を出た。人生が大きく動き出した。

もうひとり、時子の優勝で人生が変わろうとしている人がいた。角谷三男(泉澤祐希)だ。彼女の成功で、片思いし続ける理由がなくなった。優勝を喜びつつも、会場からの帰り道、寂しさがこみあげてくる。西郷輝彦「星のフラメンコ」を口ずさみながら、そっと涙を流す……と書くと、切ないシーンのように思えるが、大げさな演出、演技が涙ではなく笑いを誘う。追い打ちをかけるように、三男はさおりさんから「まだかなあ」とせっつかれた。時子から私への移行はまだかなあ、という意味だ。三男の顔がひきつった(笑)

みね子は次週ヒデと初デート

24週は主役の座を時子に譲った谷田部みね子(有村架純)さん。漫画家コンビがネタを求めて、みね子の活躍に期待しているが、次週はその期待に応えられそう。最近いい雰囲気になっているヒデ(前田秀俊= 磯村勇斗)から食事に誘われて、満面の笑みで承諾したのだ。次週はいよいよデート!! もうひとつ、新たな展開が。愛子さんの部屋に転がり込んでいた世津子さんが、みね子の部屋に移ることに。ふたりの間に横たわる遠慮、ぎこちなさは解消に向かうのだろうか。

NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送。
公式サイト(http://www.nhk.or.jp/hiyokko/)

⇒ドラマ「ひよっこ」作品ページへ
http://music-book.jp/video/nod/title/230K08

⇒主題歌「若い広場/桑田 佳祐」作品ページへ
http://music-book.jp/music/Artist/652971/Music/aaa7vfbx

⇒「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック作品ページへ
http://music-book.jp/music/Artist/981699/Album/aaa7fntk

TOPICS

ランキング

ジャンル