top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

電気が使えなくなった東京から脱出を試みるコミカルドラマ「サバイバルファミリー」(2017)

エンタメウィーク(映画)

電気が使えなくなった東京から脱出を試みるコミカルドラマ「サバイバルファミリー」(2017)(C)エンタメウィーク(映画) 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。

解説

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップした生活に人々が困り果てる中、鈴木家の亭主関白な父・義之は、家族を連れて東京を脱出することを決意するが……。ベテラン俳優の小日向文世が父親役で主演を務め、母親役を深津絵里、息子役を「秘密 THE TOP SECRET」の泉澤祐希、娘役を「くちびるに歌を」の葵わかながそれぞれ演じる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

家族LOVEママさんの評価 ★★★★★

ある日突然、関東全体から電気がなくなる。そんな非常事態の中で、人はどう行動すべきなのかこの映画を観るとよくわかります。なんかここ最近、様々な異常事態の中で色々考えることが多かったのですが、本作を通して「いざというときに必要な心構え」が見えた気がします。『ウォーターボーイズ』などで知られる矢口史靖監督だからこそ、大変な出来事をコメディチックに描けて、ちょっぴり明るい家族の絆に焦点が当てられていたのが良かった。携帯も充電できない、冷蔵庫の中身は腐る、トイレも流せない。そんな風に、日常の沢山のものが電気で動いていることにハッと気付かされる。電気がなくなることで不都合な事が沢山あること、価値がなくなるモノの多さに、少しぎょっとしますね。本作は2003年に実際アメリカで起きた大停電をベースにした物語だそうで、現実味があるのも怖い。映画の中で一家は電気が通っている事を信じて、鹿児島の親族の家に向かいます。その途中のど田舎で、自給自足の農家のお世話になるのですが、やっぱり農家が最強だと確信しました。自分も自給自足生活始めて、何か起きた時にために備えておきたいものです。


「サバイバルファミリー」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル