top_line

千原ジュニア「ぼったくられ」発言にケンコバも激しく同意

SmartFLASH

 

 9月12日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ)にてお笑い芸人の千原ジュニアが、「我々が一番ぼったくられている」という過激な主張をしていた。

 

「『ダラケ!』(BSスカパー)って番組で、『歌舞伎町だらけ』って(企画で)いろんなお店とか、こわい人とか、歌舞伎町の話いろいろ聞きましたけど。一番ぼったくってるのは吉本興業やで。我々が一番ぼったくられてる、よしもとに」

 

 歌舞伎町に数多く存在する、ぼったくり店よりも、自身の所属事務所が一番タチが悪いとか。

 

「最近はそんなにぼったくらへんのやって、問題になるから。ホンマは3万円のところを5万円くらいの。もうしゃーないか、それくらいやったらありえるか、くらい(のぼったくり)をちょっとずつやんねんって。

 

 よしもとだけやで、ごっそーっといくの。歌舞伎町界隈で一番ぼったくられてるの、我々芸人やん!」

 

 芸能人のギャラについては、各事務所でタレントと事務所の取り分が大きく違うが、よしもとは事務所が9割以上持っていくという話を多くの所属芸人が語っている。

 

 ほかのお笑い事務所では、5:5であったりするので、仮に同じ仕事をしたとしても、手元に入る金額がまったく違うのだ。

 

 この話に呼応するように、ケンドーコバヤシもこう語る。

 

「大阪から引っ越してきた芸人に、『同世代の他の事務所のやつと飲みに行ったとき、金の話だけはすんなよ』って言ってるんですけどね。やっぱり(話を)しちゃって。絶望のもとに心の火、消えながら仕事してるやつ、いますもんね」

 

 大阪でよしもとの芸人同士でつるんでいると気づかないが、他事務所の事情がわかってしまうと、この事実を消化しきれない芸人もいるのだろう。

 

 ギャラが低くなってしまうぶん、事務所の大きさゆえの仕事のチャンスも多いという話もある。絶望せずにがんばってほしい。

TOPICS

ランキング

ジャンル