top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

渡部建に木下優樹菜も…芸能人が謝罪会見を開かなくなった理由

女性自身

渡部建に木下優樹菜も…芸能人が謝罪会見を開かなくなった理由

「週刊文春」で複数の女性との不倫が報じられたアンジャッシュの渡部建(47)。6月12日には相方である児嶋一哉(47)がラジオで、そして妻の佐々木希(32)はInstagramで代わって謝罪した。

 

当の渡部は報道が出る前に「自粛」という形をとり、10日には公式サイトで「誠に申し訳ございませんでした」とのコメントを掲載。しかし、謝罪会見の目処はいまだ聞こえてこない。

 

かつて芸能界では大きなスキャンダルが報じられると会見を開き、謝罪をするのが常だった。ところが最近では会見を開くまでに時間が空いたり、そもそも「会見は開かない」という選択肢を取ったりするようになってきている。

広告の後にも続きます

 

たとえば東出昌大(32)は1月22日に「文春オンライン」で唐田えりか(22)との不倫が報じられたが、会見を開いたのは3月17日。報道から55日後だった。いっぽう、唐田はいまだ公の場に現れていない。

 

また昨年10月、タピオカ店のオーナーに恫喝めいたダイレクトメールを送っていたと報じられた木下優樹菜(32)も事務所の公式サイトやInstagramで謝罪文をつづったのみだった。

 

なぜ、芸能人は謝罪会見を開かなくなったのだろうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル