top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さんま、コロナ禍で考えた新キャッチフレーズは「週末のレモネード」

SmartFLASH

 

 6月13日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、明石家さんまがコロナ禍で考えたことを明かした。

 

 さんまは外出自粛中、「自分のキャッチフレーズを考えよう」と思ったという。陣内智則が「日本一の最低男」と指摘。それは1980年代に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でに名づけられたもので、さんまは「それはお前に渡すわ」と陣内にプレゼント。

 

広告の後にも続きます

 

 そして、自身の新たなキャッチフレーズを「週末のレモネード」と発表。理由は「爽やかやんか」と笑顔で語った。さらに今田耕司に「お前も、考え。時間つぶれるから」と推奨したが、陣内から「嫌なつぶし方やな」とツッコまれていた。

 

 コロナ禍でさまざまな影響があったさんま。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル