top_line

山下智久、芸能界を辞めようと思った過去「何度も壁にぶち当たった」

モデルプレス

【モデルプレス=2020/06/15】歌手で俳優の山下智久が、14日放送の日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所 3HSP」(よる7時~)に出演。芸能界を辞めようと思ったことがあると明かした。

◆山下智久、芸能界で挫折しそうになった過去明かす

山下は、この日番組MCを務めた明石家さんまについて「ずーっとしゃべってる。しゃべれるのもスゴいけど、何よりネタが尽きないっていうのが本当にスゴいなっていう…。僕には絶対できない」と尊敬を告白。

続けてさんまに「僕は20年ちょっと芸能界やらせていただいてるんですけど、何度も挫折しそうになって心が折れる瞬間があって、その度にモチベーションをどうやってキープしてらっしゃるのか」と相談した。

そして東野幸治が「順調にスターの階段を上っていってる感じに見えますけど」と驚くと、山下は「何度も壁にぶち当たった」と回想。「辞めようと思ったことあるの?」と問われると「ありますあります」とうなずいた。

◆山下智久、明石家さんまのアドバイスに感謝

すると、さんまは山下に「勝手に動くよね、気持ちが。人生2択って決めてるんですよ“やりたい”か“やりたくない”か。全部それで決めるようにしてる」と回答。また「1人でも応援してくれる人がいる限り、我々はやらなあかん商売やから。山Pを“カッコイイ”“ステキ”って思う人がいる限り、悩む必要ないよな」と助言した。

そして山下は真剣にアドバイスに聞き入り「ありがとうございます」と頭を下げた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル