top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

瀬戸康史が前川知大作の舞台『関数ドミノ』に出演、2017年版への意気込みを関西で語る

SPICE


この世ならざる世界や人々をスパイスに深淵な人間ドラマを描き出す劇団「イキウメ」。作・演出を担う前川知大の初期の人気作で05年、09年、14年に上演された『関数ドミノ』が、新たなキャスト&演出家を得て復活する。ある日、交通事故の目撃者となった真壁薫(瀬戸康史)。事故当日、車は歩行者(池岡亮介)の数センチ手前で透明の壁に衝突するように大破した。真壁は事故の真相を巡り奇妙な仮説を立てるが、その日から関係者の周辺で不可解な出来事が起こり始めて……。前川が言う「無自覚に願いを叶えてしまう小さな神様」を主軸にした荒唐無稽な物語だ。真壁薫役の瀬戸康史が、兵庫公演の合同取材会で意気込みを語った。

「僕も嫉妬による妄想はしますが、ここまでネガティブなキャラは初めてです(笑)」


瀬戸康史



ーー前川作品へは昨年の『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』に次いで、2年連続でのご出演です。

前川さんとはずっとご一緒したいと思っていたので、2年連続で出演できるのは光栄です。『関数ドミノ』はイキウメの中でも非現実的な要素の少ない作品という印象です。”奇跡”がきっかけとしてはありますが、リアルな人間関係の話にぐーっと寄っていくので。真壁を演じる上でも、生っぽさを大事にしたいなと思います。何度も再演されている注目度の高い作品なのでプレッシャーはありますが、劇団員ではないキャストと演出家によって、作品がどう変わっていくのかも楽しみです。


瀬戸康史



広告の後にも続きます

ーー2017年版のポイントは。

前川さんは『関数ドミノ』2017年バージョンと仰っています。前回は真壁薫役を事務所の先輩で、イキウメの劇団員でもある安井順平さんが演じていたのですが、今回僕が真壁を演じるということで前川さんが「希望のある終わり方が良いのではないか」と手を加えられたそうです。真壁にとっては希望というか、救いのある終わり方になっていると思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル