top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミルクボーイ駒場がIPPONで残した爪痕 正統派築いた下積み時代

女性自身

ミルクボーイ駒場がIPPONで残した爪痕 正統派築いた下積み時代

お笑いコンビ・ミルクボーイの駒場孝(34)が、6月13日放送の大喜利番組『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)に出演。これまでコンビでのテレビ出演が多かったが、駒場にとって初挑戦となった。

 

大喜利好きな芸人10名が2ブロックに分かれ、5人ずつ対決する同番組。文章や写真を使った問題など、様々な形式でお題が出される。駒場のグループは同じく初登場の四千頭身・後藤拓実(23)の他に、優勝歴のある千原ジュニア(46)、千鳥・大悟(40)、ロバート・秋山竜次(41)といった強者揃いだった。

 

駒場は大会チェアマンの松本人志(56)から「(挑戦するのは)駒場の方なんやな」と言われると、「どちらも強いです。僕たち」と自信を見せていた。

広告の後にも続きます

 

「韓国料理っぽく怒ってください」のお題では、「チャンジャえられへん」と回答。「わざわざ耳打ちすな!なんと言われた?」のお題では、「最近、アリ見かける?」など安定した回答ぶりを見せていた駒場。始終落ち着いた様子で問答を続けていき、10本中9本の“IPPON”を見事取得。

 

残念ながら決勝進出には至らなかったが、Twitterでは駒場を絶賛する声が続々と上がった。

《駒場さん、ノリと勢いじゃなくて、正攻法でIPPON取ってて面白かった》

《駒場さんの解答は最初から飛ばさない。大喜利だから競って解答するんだけど、ちゃんと段階を踏んで、積み上げて笑いに変えていく。突飛な解答もその流れを壊すから面白くなる。荒れ気味な場の中で駒場さんの解答が入ることで落ち着く。正統派でも面白い。腕があるんだよなぁ》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル