top_line

Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」 佐々木希「見守ってあげたいキャラクター」 玉山鉄二「現場の希ちゃんの表情や声のトーンから引き出される役づくりを楽しんでいます」 

もっとエンタメ

 優しい夫の愛情を一身に感じながら、“まぶしく晴れた日”には抵抗しがたい衝動から不特定多数の男性と肉体関係を持ってしまう彩(佐々木希)。妻の「性嗜好障害」(セックス依存症は俗語)という病気を知り、筆舌に尽くし難い苦悩と向き合う信夫(玉山鉄二)。この新婚夫婦とそれを取り巻く心の闇を抱えた登場人物たちを野島伸司が描く「雨が降ると君は優しい」(9月16日配信スタート、全8話)。主演の2人に、物語や役の捉え方、演じる上での思いなどを聞いた。

-野島伸司さんの脚本を最初に読んだ時の感想や衝撃を教えてください。

玉山 日本の文化の中にいる男性が読むと、理解し難い部分がたくさんあると思います。僕も結婚して子どももいるのでさらに理解しづらく、信夫のキャラクターも含め、見えない部分があまりにも多過ぎました。野島さんとお食事をしながら長時間お話を聞かせていただいたのですが、野島さんの一言一句を聞き逃さないようにと夢中で、目の前に並んでいた料理を一口も食べられなかったんです。このドラマが成功したら、もう1度あのお店に連れて行ってくださいと約束しています(笑)。

佐々木 脚本を読み始めたら次が気になって仕方なくなりました。彩は性嗜好障害という障害を抱えながらとてもピュアで、「ノブちゃんと別れたら死んじゃう」といってしまうほど、夫である信夫への愛がとても大きいキャラクターです。彩の心の動きが複雑に感じましたので、演じることは簡単ではないと思いましたが、そのピュアなところがいとおしいなと思い、やりがいを感じました。

-最初は理解しづらかったキャラクターに、どのように入っていかれましたか。

玉山 実際にクランクインして信夫を体感しないと見えないことがたくさんありました。信夫でいることに集中し、現場で彼女の表情や声のトーンを聞いて感じたことを出しています。彼女に引き出されてどういう信夫が出てくるんだろうって、楽しみにしながらやっていく感じがあります。僕が断ってほかの人が信夫を演じているのを見たら、すごく悔しい思いをしたでしょうね。



TOPICS

ランキング

ジャンル