top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「BTS」、仮想卒業式に韓国歌手唯一参加…世界中の卒業生をお祝い

ワウコリア


「BTS(防弾少年団)」が、YouTubeが開催した、オンライン仮想卒業式「Dear Class of 2020」で、今年卒業する世界の卒業生のために祝辞とパフォーマンスを繰り広げた。

7日午後(米国時間)、YouTubeオリジナルで、オンライン仮想卒業式「Dear Class of 2020」が放送された。 YouTubeはコロナ19によりオフライン卒業式の開催が難しくなった状況で、全世界の大学生と高校生、家族を祝うために、今回の仮想卒業式を企画した。

「BTS」は、韓国アーティストでは唯一参加し、バラク・オバマ元米国大統領、サンダー・ピチャイGoogle CEOなどとともに特別講演に招待され、数多くの卒業生を祝った。

スーツ姿で登場し特別な祝辞を始めた「BTS」は、それぞれの卒業式の思い出を思い出させて、全世界の卒業生の将来を応援した。

RMは「2020年は多くのことがあったが、それでも皆さんはやり遂げた。1つの世界を破りまた別の世界に飛ぶ準備しているあなたの跳躍を心から応援する」とし、「音楽の中で、お互いの心の中で、自分の限界を破る時間の中で、私たちは一人であるが、いつも一緒だ。今は小さなカメラ、モニターを通じて見つめ合っているが、皆さんが花を咲かせる未来ははるかに大きく、美しいものだ」と述べた。

広告の後にも続きます

JUNG KOOKは「私の卒業式はYouTubeチャンネルに記録されている。高校の始まりと終わりに、常にメンバーがいた」とし「今の僕は、僕を信じて、メンバーを信じて、世界を信じて、今この場にいる。皆さんもこれから皆さんのために一歩ずつ進んで、絶えず走って行ってほしい」と明らかにした。

JINは「みんなと違う卒業式を記憶している。(歌手)デビューもしておらず、大学入学を控えた平凡な卒業生だった。成人になることを恐れていた、見知らぬ世界に出て行くことが怖く、言葉と行動、すべてが慎重だった」と回想して卒業生たちに向かって、「見知らぬ環境と向き合い、どこへ行くのかわからない場合は焦らずに、しばらく止まってみてください。今この瞬間は、私たちに与えられた機会かもしれない。余裕を持ってゆっくりでも一歩を誠実に踏み出すなら、今まで知らなかった貴重なものが見える」と応援した。

SUGAは「素晴らしい終わり方も新たなスタートもできず、もやもやしている皆さん、恐れたり不安にならないでほしい。始まりと終わり、終わりと始まりは、繋がっている」とし「今できることもある。自分自身に集中すること、自分の枠を壊してみるということだ。大きな夢を見て限界のない可能性に一歩ずつ近づいているか、僕たちが再び会う時にぜひ見せていただきたい。あなたの可能性は無限だ」と述べた。

JIMINは「卒業を心からお祝い申し上げます。辛くはないか、もしかしたらとても大変ではないか、今この時間を耐えているのか心配だ」とし「決してあきらめていないでほしい。ここ韓国という国、ソウルという都市に自分を理解してくれる誰かがいることを覚えておいていてほしい。僕たちは、互いに異なる状況、環境に置かれているが、少なくともこの瞬間だけは共に『大丈夫』とお互いに慰めてほしい」と述べた。

J-HOPEは「歌を作って、踊ってみると行き止まりに当たることもある。頭の中が真っ白になって、抜け出すのが難しいとき、『もう一度だけ』という考えが私を起こし立ち上がらせる」とし「自分が上手く行っているのか、このまま行けば失敗するではないか、絶えず疑ってしまうだろう。その時は自分の人生を導くのはまさに自分自身であることを覚えておいて」と言った。

Vは「とても特別な日、卒業おめでとう。みんなが容易ではない現実と戦っているが、写真の一枚、文の一行でも残してこの瞬間を覚えておいてほしい」とし、「今卒業を控えて、今後何をすべきかどうか、よく見えずに大変な思いをしている方がいたら、あなたの本当の心に寄りかかってみてほしい。今は少し大変でも、どこかに機会と幸運が待っているでしょう?時間が経って、この日を良い思い出に思い浮かべることができるように努力しよう。そして、いつの日か皆さんの話も聞きたいと願っている」と述べた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル